HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

初めまして。はんです。

初めまして。「はん」です。
「はん」というのは「はんたま」=タマが1つしかないことから名づけました。
ブログタイトルの通り、33歳で精巣腫瘍という睾丸(タマ)のがんを患い、片方の精巣を摘出してしまいました。

一説によれば「10万人に1人」という宝くじを当てるような病気。
僕自身も自分が精巣腫瘍と診断された時に、必死でネットを検索して情報収集をしましたが、経験者からの声や情報が、他のがんとは違って少なかったという経験をしました。

また精巣腫瘍に限らず、「がん」は経験者の多くが手術や治療を受けた後、社会に復帰し病気と付き合いながら、その後の人生を生きていく病気に変わりつつあります。
がん闘病記は数あれど、できればその後の社会生活をどのようにがんと付き合いながら送っていくのか?そのためのサポートとなるような情報、仕事やお金、家族や友人との付き合いなど、を提供するブログはまだまだ少ないように感じます。

同じ精巣腫瘍、あるいはすべての「がん」患者・病気を抱えながらも日常生活を送る方が、病気があっても自分の人生を思う存分生きることができるような情報をこのブログを通じて発信していきたいと思います。

2013年5月

投稿日:

執筆者: