HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

精巣腫瘍の研究

精巣腫瘍について③「病期分類」

投稿日:

精巣腫瘍についての学習編③です。
今回は病期分類と治療方針です。

精巣腫瘍は、顕微鏡で細胞や組織の状態を詳しく調べる病理検査と腫瘍マーカーの値によって、大きくセミノーマ(精上皮腫)とそれ以外の非セミノーマ(非精上皮腫)の2つの組織型に分類されます。
この分類と腫瘍の状態によって、治療方針が決まります。
腫瘍の状態は臨床病期により判定されます。

精巣腫瘍の分類

Ⅰ期:転移を認めず

Ⅱ期:横隔膜以下のリンパ節にのみ転移を認める
  ⅡA:後腹膜転移巣が最大径5cm未満のもの
  ⅡB:後腹膜転移巣が最大径5cm以上のもの

Ⅲ期:遠隔転移
  Ⅲ0:腫瘍マーカーが陽性であるが、転移部位を確認
     しえない
  ⅢA:縦隔または鎖骨リンパ節(横隔膜以上)に転移を
     認めるが、その他の遠隔転移を認めない
  ⅢB:肺に遠隔転移を認める
    B1:いずれかの肺野で転移巣が4個以下でかつ
      長径が2cm未満のもの
    B2:いずれかの肺野で転移巣が5個以上、または
      長径が2cm以上のもの
  ⅢC:肺以外の臓器にも遠隔転移を認める

出典:京都府立医科大学HP

僕の場合は、「Ⅰ期:転移を認めず」という1番軽いところで留まっていたため、かなりラッキーだったんだと思います。
それにしても、いつ転移が発見されるのか?という不安に常に悩まされるのには変わりありません。
あまり深く考えず、一生付き合う覚悟が必要ですね。
病期について詳しい情報は、各大学病院のHPなどをご参照ください。

-精巣腫瘍の研究

執筆者:

関連記事

no image

気になるCT検査の放射線被ばくの影響

がんの手術を無事に終えると、予防措置として特別な治療がない場合でも「5年程度の経過観察」を申し渡されることになります。 具体的には、半年とか年に1回の血液検査とCT検査などを受けることになります。 こ …

no image

精巣腫瘍について② 「症状」「治療方法」

精巣腫瘍についての学習編②です。 今回は精巣腫瘍の主な症状と診断方法、治療についてです。

no image

精巣腫瘍は「10万人に・・・」のがん

精巣腫瘍という病気、「10万人に・・・」と枕詞がつくくらいですから、普通に暮らしてればまずお目にかかりません。 僕も自分がかかるまでは聞いたこともなかった病気でした。 ネットで検索すれば一通りの説明は …

no image

BEP治療のスケジュール

精巣腫瘍の抗がん剤治療では治療コースがほぼ決まっていて、再発・転移の場合はBEP療法を3,4コースやるそうです。

no image

精巣腫瘍(がん)の病気分類ごとの治療法

今日はおさらい的な意味も込めて、精巣腫瘍の治療方法について整理したいと思います。 精巣腫瘍は疑いを発見したら有無を言わさず睾丸を摘出するしかありません。 悪性かどうかは摘出後の病理検査で確定するからだ …