HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

精巣腫瘍の研究

BEP治療のスケジュール

投稿日:

精巣腫瘍の抗がん剤治療では治療コースがほぼ決まっていて、再発・転移の場合はBEP療法を3,4コースやるそうです。

そもそもBEP療法とは
BEP療法とは、ブレオマイシン+エトポシド+シスプラチンという3つの抗がん剤を併用する療法。精巣腫瘍のなかで最も使用されている化学療法だそうです。

投薬のスケジュール
治療 1~5 日目まで毎日エトポシドとシスプラチンの点滴(静脈内注射)を行います。1、8、15日目にブレオマイシンの点滴(静脈内注射)を行います。その後休薬日を入れ、この期間に副作用の状態を確認しながら治療21日目(3週間)までを1コースとして、同じ内容の治療を繰り返します。

一時退院はしないで治療
よくブログなんかを読むと、コースとコースの間に一時退院なんかをやってることもありますが、できることなら間を空けずに次のコースに入った方がいいそうです。

それは、この抗がん剤治療はがんの進行を止めたり予防したりするのが狙いではなく、完治させることが目的だからです。途中で副作用が出たりしてもなるべく手を緩めず、スケジュール通り投薬をして、がん細胞が回復する前に殺さないといけないのです。

定期的に効果をチェック
抗がん剤治療を頑張っても、効果がなければ意味がないので、定期的に薬の効果をCTで確認するそうです。比較対象にする治療前の基準値を置くため、先日CTを撮ってきました。

後は副作用も酷くならず、スケジュール通り治療が進めばいいんですが。

-精巣腫瘍の研究

執筆者:

関連記事

no image

精巣摘出手術後の睾丸の様子、性欲や不妊について

精巣腫瘍はほぼ100%の確率で男性のシンボルである精巣、つまり睾丸を片方取ってしまいます。 取った後どうなってしまうのか? デリケートな話題ですが、誰もが気になるところでしょう。

no image

精巣腫瘍を疑う症状と間違えやすい病気

精巣腫瘍は病院で見せるのが恥ずかしいということで、精巣が腫れているのに気づいても医者に行かないで放っておく人も多いそうです。 精巣腫瘍の主な症状と疑うべきケースを知っておくと、早期発見に繋がります。

no image

どこの病院で診てもらう?精巣腫瘍の治療実績ランキング

精巣腫瘍(がん)というのは10万人に数人しか罹患しないめずらしい病気です。  当然ながらお医者さんの立場からすると、あまりお目にかからない患者と言えるでしょう。

no image

精巣腫瘍は「10万人に・・・」のがん

精巣腫瘍という病気、「10万人に・・・」と枕詞がつくくらいですから、普通に暮らしてればまずお目にかかりません。 僕も自分がかかるまでは聞いたこともなかった病気でした。 ネットで検索すれば一通りの説明は …

no image

気になるCT検査の放射線被ばくの影響

がんの手術を無事に終えると、予防措置として特別な治療がない場合でも「5年程度の経過観察」を申し渡されることになります。 具体的には、半年とか年に1回の血液検査とCT検査などを受けることになります。 こ …