HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

抗がん剤治療

つらい副作用の抗ガン剤治療に1番の薬は?

投稿日:2016年2月16日 更新日:

ちょうど1年前のこの日、抗ガン剤治療を開始しました。そこから続く約三カ月間の入院生活。そこでどんな思いをするのかは当時は想像もついていませんでした。

思い出すことをポツポツと一人語りしようと思うのですが、まず体調のこと。

病院に入るまでは自覚症状もないため、元気そのものだったんですが、入院して病院服に着替えた途端に、なんだか病人になった気分。

気が滅入ってしまい、一気にガン患者になりました。

もちろん、その後に始まる抗ガン剤治療によって身体がドンドン痛めつけられるので、本当に病人になっていくんですが。

そんな中でこれから長い闘病生活を送る方にはぜひ一時外出・外泊の活用をお勧めします。

入院中に主治医の許可を得て、家に帰るわけですが、これがホントにリフレッシュできるんです。

もちろん体調や副作用の問題があるので、「いつ出れるか?」は状況によりますが、家に帰ると不思議と「病人」から「普通の人」に戻れるのです。食欲も出るし、治療をまた頑張ろうという気になってきます。

実は自分自身もそういった制度をあまり理解していなくて、途中で家に帰れるなんて思ってもみませんでした。

一方で主治医や看護師の方では当たり前の制度のため、患者もわかっているだろうと、あまり教えてくれないのです。

まあリスクも上がるので、積極的に外出させようという気にはならないんでしょう。

けれど、患者からするとこれ以上のリフレッシュはないと思うので、入院初日に聞かれる「何か気になることはありませんか?」の質問には必ず外出、外泊の希望を伝えましょう。

あとはその日を希望に、副作用にやられながらも、毎日を過ごすのみです。

-抗がん剤治療

執筆者:

関連記事

no image

抗がん剤治療3クール目PET検査の延期

抗がん剤治療3クール目も終わり、効果測定のCTでは、1cm程度の残存リンパ節が確認されグレー判定。PET検査でがん細胞が生きているか確認することになりました。

no image

抗がん剤治療2クール目9-14日目

2クール目も後半戦。 といっても、5日間連続の抗がん剤投与も終わり、副作用の吐き気も1番辛い7,8日目を通り過ぎたため、精神的にはずいぶん穏やかです。

no image

抗がん剤治療2クール目8日目

2クール目8日目。 今日はブレオマイシン投与日。

no image

抗がん剤治療1クール目1日目

入院3日目。 いよいよ抗がん剤投与の開始日です。正しくは今日を1クール目1日目というらしいです。

no image

抗がん剤治療3クール目ようやくの退院

抗がん剤3クール目が終わり、CTではグレー判定、PETで決着をつけようとするも、検査当日に直前での中止。どうなるものかと、、