HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

セカンドオピニオン行って来ました①

投稿日:2015年1月29日 更新日:

精巣腫瘍の転移を宣告された翌日に手配したセカンドオピニオン。
二週間ほど待ってようやく受診してきました。

とりあえず一番メジャーなところがいいだろうということで、神奈川の県立がんセンターに行って来ました。
県立だけに古そうな病院を想像して行ったのですが、着いてみたら立派な建物。
さすが独立行政法人、といったところでしょうか。

(null)

中に入って受付の案内所でセカンドオピニオン予約してきた旨を告げると、丁寧に受付の仕方を説明してくれました。
最近の病院は外部から色んな知見が入って来ているのか、ホスピタリティー的なものがかなり改善しているようです。
「病院新しくてきれいですね」と聞くと、まだ新しくなって2年目とのこと。

受付で元の病院から持って来た紹介状とCTや病理検査のデータを渡して、後は出番が来るまで待っててくださいとばかりに待合室へ。

病院はかなり大きな建物なんですが結構混みあっていました。
変な話、がんセンターだけにここに来てる人は自分も含めてみんなガンなんだと思うと、なかなか感慨深いです。

そんなことを考えてるうちに自分の順番がやってきました。
診察室に入ると中で待っていたのは、40代後半くらいのメガネをかけた医師でした。

「こんにちは。よろしくお願いします」
見た目の物腰は柔らかそうですが、低めの声で自信に満ちた感じです。
なんとなく第一印象は「経験を積んだ先生」という匂いがします。

簡単に紹介状に書いてあった内容を確認するように読み上げた後に、「具体的に何か聞きたいことはありますか?」
いよいよ始まりました。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

「がん」を家族にどう伝えるか?

僕は33歳という若さで10万人に1人と言われる精巣がんという病気にかかりました。 働き盛りの30代にとって「がん」は全くの別世界の出来事でした。 同じように生きてきた僕の家族にとっても、きっと青天の霹 …

no image

セカンドオピニオンの手配

寝耳に水の転移の宣告。 けれど呆然としているわけにはいきません。 病気は進行しているので、戦うならば時間との戦いでもあるのです。

no image

経過観察期間の不安「これって精巣腫瘍(がん)の転移、再発?」

2013年の1月に精巣腫瘍を患い緊急手術、右側精巣を摘出したわけですが、僕の場合はその後の処置としては、「経過観察」ということでした。

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …

再開。抗ガン剤治療から社会復帰して一年。

実は抗ガン剤治療を終えて社会復帰して今月で一年が経ちます。これを機に、ブログの更新も定期的に行っていきすます。 正直この一年は会社に復帰してもとのペースで仕事ができるよう、量ではなく質という意味ですが …