HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

PET/CT検査の結果→転移判明

投稿日:2015年1月27日 更新日:

PET/CT検査を受診して5日後。
そろそろ結果が主治医に届いている頃かと病院に電話しました。
ちょうど結果が届いたところだそうで、必要なら取りに来れば渡してくれるとのこと。
では、、と翌日病院に取りに行きました。

受付で用件を伝えると、「これですよ」と封筒を渡される。
「あれ、先生からの説明ないのね」と思いつつ、ここ最近の対応で評価も下がったいたこともあり、黙って資料を受け取って病院を後にしました。
「とりあえず、どうなってもここの病院は転院しよう」と心に誓いましたが。

受け取ってしまえば中身が気になるもの。
自分で読んでわかるかなーと心配しましたが、報告書はいたってわかりやすい。

結論は、、、

やはり大きくなっているリンパ節は悪性腫瘍とのこと。

転移確定です。

確かに画像を見ると該当の箇所が見事に光ってました。
これは言い訳できないなと言うくらい鮮明です。

ちなみに数値化もされていて、SUV値というらしいのですが、僕の場合は5でした。
色々調べて見ると、PET/CTの検査でSUV値が3.5以上だと悪性腫瘍と考えた方がいいらしいです。

というわけで、悪性確定、転移確定です。
セカンドオピニオンで聞こうと思ってた「これって転移ですかね?」のメイン質問がいらなくなってしまいました。

いよいよ外堀が埋まり現実逃避できないところまできました。
腹をくくって治療と向き合わないと、自分を奮い立たせてみます。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

【精巣腫瘍体験記①】始まりはある日突然に

2013年4月9日 手術後3か月目、初めての定期検診を無事に終える。 「次の半年間生き延びるてもいいよ」というチケットをもらえたみたいな気分でした。

no image

精巣腫瘍でも子どもは授かります

タイトルはいきなり重たい内容ですが、これは本当です。 生き証人がここにいます。

「実はガンになりました」会社へのカミングアウト

精巣腫瘍のリンパ節転移を宣告され、PET検査を受けたり、セカンドオピニオンを取りに行ったりと目まぐるしく動いていますが、元々の身分はサラリーマン。 会社へカミングアウトしなきゃいけません。

no image

入院前夜。散髪に買い物に最後の晩餐

いよいよ明日に入院を控え、準備の最終確認です。 朝起きたらまずは床屋さんに行ってきました。

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …