HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

PET/CT検査の結果→転移判明

投稿日:2015年1月27日 更新日:

PET/CT検査を受診して5日後。
そろそろ結果が主治医に届いている頃かと病院に電話しました。
ちょうど結果が届いたところだそうで、必要なら取りに来れば渡してくれるとのこと。
では、、と翌日病院に取りに行きました。

受付で用件を伝えると、「これですよ」と封筒を渡される。
「あれ、先生からの説明ないのね」と思いつつ、ここ最近の対応で評価も下がったいたこともあり、黙って資料を受け取って病院を後にしました。
「とりあえず、どうなってもここの病院は転院しよう」と心に誓いましたが。

受け取ってしまえば中身が気になるもの。
自分で読んでわかるかなーと心配しましたが、報告書はいたってわかりやすい。

結論は、、、

やはり大きくなっているリンパ節は悪性腫瘍とのこと。

転移確定です。

確かに画像を見ると該当の箇所が見事に光ってました。
これは言い訳できないなと言うくらい鮮明です。

ちなみに数値化もされていて、SUV値というらしいのですが、僕の場合は5でした。
色々調べて見ると、PET/CTの検査でSUV値が3.5以上だと悪性腫瘍と考えた方がいいらしいです。

というわけで、悪性確定、転移確定です。
セカンドオピニオンで聞こうと思ってた「これって転移ですかね?」のメイン質問がいらなくなってしまいました。

いよいよ外堀が埋まり現実逃避できないところまできました。
腹をくくって治療と向き合わないと、自分を奮い立たせてみます。

-体験記

執筆者:

関連記事

納得するためのPET検査を受ける

医師からはCTの画像を見て腹部のリンパ節増大が確認されたということで、転移の診断を受けたわけですが、患者の身としては「それだけで決めるの?」というのが正直な感想です。

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。

no image

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ②

いつも通り経過観察のCTを受けていつも通り終わるはずだった2015年1月の定期健診。 突然の転移の宣告に頭が真っ白になりましたが、内容を整理すると、、、

no image

【精巣腫瘍体験記④】近くの泌尿器科クリニックへ

2013年1月5日 いざ病院へ行こうと思っても泌尿器科なんてもちろん知りません。 ネットで近くの病院を調べて、1番信用できそうなクリニック選んで行くことにしました。 この病院、内科も兼務している上に、 …