HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

PET/CT検査受けてきました(保険適用)

投稿日:

主治医に頼んで受診することにしたPET検査ですが、予約の電話をした二日後の日曜に受診してきました。

僕が行ったのは新横浜にある「ゆうあいクリニック」というところで、日本最大級の検査専門病院だそうです。
色んな病院があるんだなーと思いながら、予約時間の30分前の13:00に到着すると、エントランスでコンシェルジュのような人に出迎えられ、名前を確認されました。

そのまま受け付けまで丁重に案内され、時間までロビーで待つことに。
ここまでは、病院というよりホテルに近い感じの対応です。
出番が来ると、受付の人がわざわざソファー座っている僕のところまでやって来て膝をついて説明。

「これが世に言う金持ち向け医療か」と全然関係ないことを考えながら、更衣室に連れて行かれ検査着に着替えました。
その後、検査の流れの説明を受けて、医師からの簡単な問診の後に、いよいよ検査開始です。

まずPET/CTを撮影するためにFDGという薬を点滴をします。
これは大体2分くらいで終わるのですが、薬が全身に行き渡るまで1時間くらいかかるので、その間は安静室というリクライニングチェアがある半個室で待機します。
検査に影響が出ないようにと、読書も携帯もダメらしく結構退屈でした。

1時間経つと名前を呼ばれ、検査室に入ります。
PET/CTは初めてだったのですが、機械はいつものCTと似たような外観です。
同じように10分くらいで終わるかなと思っていたら、ここからが意外と長く、PET検査機の中に入れられて30分、ようやく撮影が終わりました。

その後、ちゃんと撮影出来ているのか確認のため15分くらい待たされましたが、問題ないことが確認されたので、着替えて会計をして帰りました。

お会計は3万くらい、保険適用でもこの金額は結構痛かったです。
健康診断的に使うのであれば自費扱いなので、10万くらい払うことになるので、改めてお金持ち向けの医療だなと。
ホテルのような対応もうなづけます。

結果は5日以内に主治医宛に送られるとのこと。
僕にとっては、この結果とセカンドオピニオンで腹をくくらなければいけないので、やっぱりドキドキです。

腫れてるリンパ節はガンなのか?他にも転移があるのかないのか、主治医はあまり乗り気ではなかったのですが、治療方針についての納得度が格段に変わるので、結果を待ちたいと思います。

-体験記

執筆者:

関連記事

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。

no image

【精巣腫瘍体験記⑦】運命の入院、手術の朝

2013年1月9日 いよいよ入院の日です。 5日程度の短期入院ですが、細々したものもちゃんと準備して、いざ病院へ向かいます。 知らず知らずのうちに神経が昂ってたんでしょう、途中の駅で知らないおじさんと …

no image

抗がん剤治療は命がけの意味

セカンドオピニオンにも行き覚悟を決めた抗がん剤。治療する病院は今の病院でいいのか少し悩みました。

no image

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。 去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。

no image

「がん」を家族にどう伝えるか?

僕は33歳という若さで10万人に1人と言われる精巣がんという病気にかかりました。 働き盛りの30代にとって「がん」は全くの別世界の出来事でした。 同じように生きてきた僕の家族にとっても、きっと青天の霹 …