HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ②

投稿日:

いつも通り経過観察のCTを受けていつも通り終わるはずだった2015年1月の定期健診。
突然の転移の宣告に頭が真っ白になりましたが、内容を整理すると、、、

転移した場所
ちょうどヘソのあたりにあるリンパ節とのこと。
普通は鼠径部(足の付け根のところ)のリンパに来るそうなんですが、僕の場合は少し離れたヘソあたりとのことです。

リンパ節の大きさ
CTの画像で見てわかるくらいには大きいなーと思っていたら2.9cmでした。

腫瘍マーカー
実は腫瘍マーカーの値はいつも正常値なんです。
そして今回もマーカーは異常なしと。

本当に転移なのか?
これが一番大きな疑問です。
確かにリンパ節の腫れは目でわかるくらい大きい。
けれど、場所がちょっと遠いということと、腫瘍マーカーは相変わらず正常を示しているので、どこかて違う理由でリンパ節が腫れてるのでは?という希望的観測を持ってしまうのです。
ただ、精巣腫瘍になって現在経過観察中という事実から、一番可能性が高いのは転移だと考えるべきとは主治医の言葉。

治療方針
どこの病院でも同じようにやるかと思いますが、化学療法のBEP療法という抗ガン剤をやるとのことです。
4週間/クールをとりあえず3セットと言われました。
クールの間に1,2週間一時退院を挟むので、要するに4,5ヶ月入院しての治療です。

セカンドオピニオン
転移の宣告や治療方針の説明があまりに唐突で一方的に感じてしまったので、セカンドオピニオンを受けたい旨をその日の内に主治医に伝えました。
そもそも会社勤めの身に、いきなり半年近い入院はなかなか厳しい。
「身体が一番」とは分かっていつつも、何か方法はないものかと。
セカンドオピニオンについては別に改めて書いてみたいと思います。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は

PET/CT検査の結果→転移判明

PET/CT検査を受診して5日後。 そろそろ結果が主治医に届いている頃かと病院に電話しました。 ちょうど結果が届いたところだそうで、必要なら取りに来れば渡してくれるとのこと。 では、、と翌日病院に取り …

no image

【精巣腫瘍体験記②】ん、タマが硬い!?

2012年8月某日。 はじまりは夏のお話です。 お風呂に入って身体を洗っていた時に、右のタマの異変を、正確にはなんだかいつもより硬いなーという感じを得ました。 実は少し前に、しこたまタマを殴打すること …

no image

【精巣腫瘍体験記⑥】「精巣腫瘍」診断確定

2013年1月7日 朝イチで予約した大学病院へ、いざ出発。 担当の先生に紹介状を渡し、症状など簡単に説明すると、早速エコー診断と触診。 「精巣腫瘍ですね」

no image

【精巣腫瘍体験記④】近くの泌尿器科クリニックへ

2013年1月5日 いざ病院へ行こうと思っても泌尿器科なんてもちろん知りません。 ネットで近くの病院を調べて、1番信用できそうなクリニック選んで行くことにしました。 この病院、内科も兼務している上に、 …