HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ①

投稿日:

2015年1月、ちょうど2年を迎える節目の検査。
いつものようにCTを撮って翌週結果を聞きに病院へ。
これまたいつものように「引き続き経過を見ていきましょう」と言われるものとばかり思っていたところに、主治医より予想外の一言。

「リンパの腫れ(節)が大きくなっていますね。転移と見たほうがいいでしょう」
あまりにあっさりと言われてしまったので、「え・・・?」と思わず聞き返してしまいました。

とうとう来てしまいました。
自分には来ることがないだろうと思っていたがんの転移。
まさか2年経って来るなんて。

しばらく言葉が出ませんでしたが、主治医は淡々と、
「腫瘍マーカーは異常なしなんだけど、大きくなってるし、転移だと思うので、治療に入った方がいい。治療は入院しての抗がん剤治療になります」

と、どんどん話を進めていく。
ここまで名前を呼ばれて診察室に入り2分くらい。

「ちょっと待ってください」と。
「本当に転移確定なんですか」と。

聞きたいことも聞けず呆然とする僕に気付き、医師は、
「大事なことなんでセカンドオピニオンも聞けるけどどうする?」
即座に答えました。
「受けます。お願いします。」

といったわけで、セカンドオピニオンに必要な書類やデータを準備するので、翌日また病院に来るということで、診察室を後にしました。

あまりのショックでしばし何も考えられず、病院の会計のところで立ちすくむ。
でもショックを受けてばかりも入られません。
自分には家族も入れば仕事もあります。
この状況をどうやって乗り切るのか?、すぐに考え始めるのでした。

-体験記

執筆者:

関連記事

再開。抗ガン剤治療から社会復帰して一年。

実は抗ガン剤治療を終えて社会復帰して今月で一年が経ちます。これを機に、ブログの更新も定期的に行っていきすます。 正直この一年は会社に復帰してもとのペースで仕事ができるよう、量ではなく質という意味ですが …

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …

no image

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。 去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。

no image

「がん」を家族にどう伝えるか?

僕は33歳という若さで10万人に1人と言われる精巣がんという病気にかかりました。 働き盛りの30代にとって「がん」は全くの別世界の出来事でした。 同じように生きてきた僕の家族にとっても、きっと青天の霹 …

no image

PET/CT検査受けてきました(保険適用)

主治医に頼んで受診することにしたPET検査ですが、予約の電話をした二日後の日曜に受診してきました。