HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ①

投稿日:

2015年1月、ちょうど2年を迎える節目の検査。
いつものようにCTを撮って翌週結果を聞きに病院へ。
これまたいつものように「引き続き経過を見ていきましょう」と言われるものとばかり思っていたところに、主治医より予想外の一言。

「リンパの腫れ(節)が大きくなっていますね。転移と見たほうがいいでしょう」
あまりにあっさりと言われてしまったので、「え・・・?」と思わず聞き返してしまいました。

とうとう来てしまいました。
自分には来ることがないだろうと思っていたがんの転移。
まさか2年経って来るなんて。

しばらく言葉が出ませんでしたが、主治医は淡々と、
「腫瘍マーカーは異常なしなんだけど、大きくなってるし、転移だと思うので、治療に入った方がいい。治療は入院しての抗がん剤治療になります」

と、どんどん話を進めていく。
ここまで名前を呼ばれて診察室に入り2分くらい。

「ちょっと待ってください」と。
「本当に転移確定なんですか」と。

聞きたいことも聞けず呆然とする僕に気付き、医師は、
「大事なことなんでセカンドオピニオンも聞けるけどどうする?」
即座に答えました。
「受けます。お願いします。」

といったわけで、セカンドオピニオンに必要な書類やデータを準備するので、翌日また病院に来るということで、診察室を後にしました。

あまりのショックでしばし何も考えられず、病院の会計のところで立ちすくむ。
でもショックを受けてばかりも入られません。
自分には家族も入れば仕事もあります。
この状況をどうやって乗り切るのか?、すぐに考え始めるのでした。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

手術から9ヵ月目の定期健診

2013年1月に精巣腫瘍の摘出手術を受けて、経過観察となってから9ヵ月。 2回目の健診がやってきました。 前回は術後3ヵ月の4月に検査があり、今回はそこから6ヶ月後。

no image

経過観察期間の不安「これって精巣腫瘍(がん)の転移、再発?」

2013年の1月に精巣腫瘍を患い緊急手術、右側精巣を摘出したわけですが、僕の場合はその後の処置としては、「経過観察」ということでした。

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。

no image

精巣腫瘍でも子どもは授かります

タイトルはいきなり重たい内容ですが、これは本当です。 生き証人がここにいます。

no image

【精巣腫瘍体験記④】近くの泌尿器科クリニックへ

2013年1月5日 いざ病院へ行こうと思っても泌尿器科なんてもちろん知りません。 ネットで近くの病院を調べて、1番信用できそうなクリニック選んで行くことにしました。 この病院、内科も兼務している上に、 …