HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

精巣腫瘍(がん)の手術から1年、リンパの腫れは?

投稿日:

精巣腫瘍の手術を受けて早いもので1年が経ちました。
先日これで3回目となる検査を受けてきました。
前回の検査では実はちょっと嫌なものが見つかっていました。

「リンパの腫れ」です。
ちょうどおへその横辺りにある大動脈のところらしいのですが、CTをとった際に所見が書かれていました。

「腫れとしては大きくはないが、転移の可能性もある」

いやーなコメントです。
主治医は懐疑的で、腫れている場所が原発巣から遠いので、転移は考えにくいとは言っていました。
けれど、慎重を期すということで、結局3ヵ月という短期間で、CT検査をもう一度するということになっていたのです。

それで気になる結果ですが、、、

異常なし

ということで無事でした。
ホッと一安心、前回のはなんだったの?という感じです。

主治医から聞いた話では、リンパの腫れはCTの角度によって腫れているように見えることもあるくらい難しいことなんだそうです。
腫れているとしても、人によっては、けっこう色々な原因ですぐに腫れてしまうようです。

ともかく無事に1年を迎えることができました。
ちなみにCT検査は毎回10,000円くらいかかります。
こちらの方が痛いですね。

-体験記

執筆者:

関連記事

納得するためのPET検査を受ける

医師からはCTの画像を見て腹部のリンパ節増大が確認されたということで、転移の診断を受けたわけですが、患者の身としては「それだけで決めるの?」というのが正直な感想です。

no image

【精巣腫瘍体験記④】近くの泌尿器科クリニックへ

2013年1月5日 いざ病院へ行こうと思っても泌尿器科なんてもちろん知りません。 ネットで近くの病院を調べて、1番信用できそうなクリニック選んで行くことにしました。 この病院、内科も兼務している上に、 …

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。

セカンドオピニオン行って来ました①

精巣腫瘍の転移を宣告された翌日に手配したセカンドオピニオン。 二週間ほど待ってようやく受診してきました。

no image

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ①

2015年1月、ちょうど2年を迎える節目の検査。 いつものようにCTを撮って翌週結果を聞きに病院へ。 これまたいつものように「引き続き経過を見ていきましょう」と言われるものとばかり思っていたところに、 …