HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

精巣腫瘍(がん)の手術から1年、リンパの腫れは?

投稿日:

精巣腫瘍の手術を受けて早いもので1年が経ちました。
先日これで3回目となる検査を受けてきました。
前回の検査では実はちょっと嫌なものが見つかっていました。

「リンパの腫れ」です。
ちょうどおへその横辺りにある大動脈のところらしいのですが、CTをとった際に所見が書かれていました。

「腫れとしては大きくはないが、転移の可能性もある」

いやーなコメントです。
主治医は懐疑的で、腫れている場所が原発巣から遠いので、転移は考えにくいとは言っていました。
けれど、慎重を期すということで、結局3ヵ月という短期間で、CT検査をもう一度するということになっていたのです。

それで気になる結果ですが、、、

異常なし

ということで無事でした。
ホッと一安心、前回のはなんだったの?という感じです。

主治医から聞いた話では、リンパの腫れはCTの角度によって腫れているように見えることもあるくらい難しいことなんだそうです。
腫れているとしても、人によっては、けっこう色々な原因ですぐに腫れてしまうようです。

ともかく無事に1年を迎えることができました。
ちなみにCT検査は毎回10,000円くらいかかります。
こちらの方が痛いですね。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。

no image

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

2013年1月5日夕方。 泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。 それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

3ヶ月検診の結果。そして社会復帰も1年を超えた。

先日3ヶ月おきの定期検査を受けて来ました。 嬉しいことに何事もなく、ホッと胸をなでおろしたところです。 もう何度も経験しているのですが、検査結果を聞きに診察室に入り、主治医の先生が検査結果の電子カルテ …

no image

【精巣腫瘍体験記①】始まりはある日突然に

2013年4月9日 手術後3か月目、初めての定期検診を無事に終える。 「次の半年間生き延びるてもいいよ」というチケットをもらえたみたいな気分でした。