HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記①】始まりはある日突然に

投稿日:

2013年4月9日
手術後3か月目、初めての定期検診を無事に終える。
「次の半年間生き延びるてもいいよ」というチケットをもらえたみたいな気分でした。

精巣腫瘍(がん)という病気にかかりました。
いわゆる睾丸(タマ)の病気です。
爆笑問題の田中さんとかが有名ですが、彼と同じく右のタマを摘出しました。
これからは片タマのネタでは笑えなくなります。
10万人に数人という、めずらしいらしい病気だそうですが、まさか自分が引き当てるとは思ってもみませんでした。

きっと同じような経験をされる人は、それこそ10万人に1人なのかもしれませんが、それでもその1人にとって、少しでも役に立てばと思いこのブログを始めます。
病気になったときのこと、家族のこと、仕事、お金や保険のこと、人生との向き合い方など。。
僕の身に降りかかった、そして病気になったら誰もが気になるだろう、それぞれを少しずつお伝えしたいと思います。

【回想録②】ん、タマが硬い!?

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は

退院後初のCT、経過観察の結果は

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。 退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。 体調的に …

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …

セカンドオピニオン行って来ました②

静かに始まったセカンドオピニオン。 準備していた質問、大きく5つくらいですが、手短かに伝えました。 先生は、メモを取りながら話を聞いてくれ、こちらが質問を終えたらメモを見ながら順序立てて説明してくれま …

no image

「がん」を家族にどう伝えるか?

僕は33歳という若さで10万人に1人と言われる精巣がんという病気にかかりました。 働き盛りの30代にとって「がん」は全くの別世界の出来事でした。 同じように生きてきた僕の家族にとっても、きっと青天の霹 …