HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記①】始まりはある日突然に

投稿日:

2013年4月9日
手術後3か月目、初めての定期検診を無事に終える。
「次の半年間生き延びるてもいいよ」というチケットをもらえたみたいな気分でした。

精巣腫瘍(がん)という病気にかかりました。
いわゆる睾丸(タマ)の病気です。
爆笑問題の田中さんとかが有名ですが、彼と同じく右のタマを摘出しました。
これからは片タマのネタでは笑えなくなります。
10万人に数人という、めずらしいらしい病気だそうですが、まさか自分が引き当てるとは思ってもみませんでした。

きっと同じような経験をされる人は、それこそ10万人に1人なのかもしれませんが、それでもその1人にとって、少しでも役に立てばと思いこのブログを始めます。
病気になったときのこと、家族のこと、仕事、お金や保険のこと、人生との向き合い方など。。
僕の身に降りかかった、そして病気になったら誰もが気になるだろう、それぞれを少しずつお伝えしたいと思います。

【回想録②】ん、タマが硬い!?

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は

no image

入院前夜。散髪に買い物に最後の晩餐

いよいよ明日に入院を控え、準備の最終確認です。 朝起きたらまずは床屋さんに行ってきました。

no image

「がん」を会社にどう伝えるか?

思いがけず「がん」という大病を患った時、会社とはどのように付き合えばよいのでしょうか?

no image

手術から9ヵ月目の定期健診

2013年1月に精巣腫瘍の摘出手術を受けて、経過観察となってから9ヵ月。 2回目の健診がやってきました。 前回は術後3ヵ月の4月に検査があり、今回はそこから6ヶ月後。

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。