HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

投稿日:

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。

激動の一年間で、長かったような、あっという間だったような、複雑な心境です。
思えば、色々なことがありました。

「タマ」が硬いと違和感を感じて、ネットで調べたら「精巣腫瘍」というキーワードが目に入った時の絶望感。

現実感のないまま病院に行くと、ほぼ即答で「精巣腫瘍」と診断され、あれよあれよの間に手術まで終わった1月。

退院後は転移、再発に怯えて、精神的に不安定になった最初の3ヵ月。

少し油断したところで、リンパの腫れが見つかった9ヶ月目。

なかなか落ち着きませんが、来週1年目の定期検査を受けてきます。

-体験記

執筆者:

関連記事

「実はガンになりました」会社へのカミングアウト

精巣腫瘍のリンパ節転移を宣告され、PET検査を受けたり、セカンドオピニオンを取りに行ったりと目まぐるしく動いていますが、元々の身分はサラリーマン。 会社へカミングアウトしなきゃいけません。

no image

精巣腫瘍でも子どもは授かります

タイトルはいきなり重たい内容ですが、これは本当です。 生き証人がここにいます。

no image

がんと向き合うココロの準備

抗がん剤治療も終わり、最初の定期健診も無事に通過したので、がんや病気と闘うための心構えについて、書いてみたいと思います。

no image

【精巣腫瘍体験記⑥】「精巣腫瘍」診断確定

2013年1月7日 朝イチで予約した大学病院へ、いざ出発。 担当の先生に紹介状を渡し、症状など簡単に説明すると、早速エコー診断と触診。 「精巣腫瘍ですね」

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。