HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

投稿日:

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。

激動の一年間で、長かったような、あっという間だったような、複雑な心境です。
思えば、色々なことがありました。

「タマ」が硬いと違和感を感じて、ネットで調べたら「精巣腫瘍」というキーワードが目に入った時の絶望感。

現実感のないまま病院に行くと、ほぼ即答で「精巣腫瘍」と診断され、あれよあれよの間に手術まで終わった1月。

退院後は転移、再発に怯えて、精神的に不安定になった最初の3ヵ月。

少し油断したところで、リンパの腫れが見つかった9ヶ月目。

なかなか落ち着きませんが、来週1年目の定期検査を受けてきます。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …

納得するためのPET検査を受ける

医師からはCTの画像を見て腹部のリンパ節増大が確認されたということで、転移の診断を受けたわけですが、患者の身としては「それだけで決めるの?」というのが正直な感想です。

退院後初のCT、経過観察の結果は

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。 退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。 体調的に …

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は

no image

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

2013年1月5日夕方。 泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。 それも限りになくクロに近い疑いだそうです。