HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

経過観察期間の不安「これって精巣腫瘍(がん)の転移、再発?」

投稿日:

2013年の1月に精巣腫瘍を患い緊急手術、右側精巣を摘出したわけですが、僕の場合はその後の処置としては、「経過観察」ということでした。

不安と闘う最初の3ヵ月
次回の検査は3ヶ月後、それまでは特に何もしなくていいということだったのですが、この最初の3ヶ月は精神的に辛かったです。
というのも、手術まではあっという間で、何が何だか判らないまま過ぎていったのですが、退院して家に帰ると色々なことを考えてしまうのです。
再発の恐怖がむずむずと沸き起こるが、この期間でした。

ちょっとした身体の異変が気になる
今まで気にもしなかった腰痛や頭痛、せきなど、何でも「どこかに転移したかも?」と気になってしまうのです。
Googleの検索履歴で「がん、転移」検索回数がやたらと上がっていたことでしょう。
不安になって調べた症状としては、頭痛、胃痛、腰痛、股関節の鈍痛、せき、あたりでした。

不安になったら医師に確認
多くは気にしすぎだと思うのですが、そうは言っても気になるもの。
どうしても不安な時は必ずお医者さんに聞いてください。
ネットの情報で一喜一憂してる場合ではありません。

3ヵ月を通過すると
1回目の検査を通過すると少し落ち着きます。
もちろん再発や転移の不安は常にあるのですが、いい意味で鈍感になり、むしろこの先の生活や、家族のことなど、現実的な問題について考えるようになります。

-体験記

執筆者:

関連記事

納得するためのPET検査を受ける

医師からはCTの画像を見て腹部のリンパ節増大が確認されたということで、転移の診断を受けたわけですが、患者の身としては「それだけで決めるの?」というのが正直な感想です。

no image

【精巣腫瘍体験記⑥】「精巣腫瘍」診断確定

2013年1月7日 朝イチで予約した大学病院へ、いざ出発。 担当の先生に紹介状を渡し、症状など簡単に説明すると、早速エコー診断と触診。 「精巣腫瘍ですね」

no image

セカンドオピニオンの手配

寝耳に水の転移の宣告。 けれど呆然としているわけにはいきません。 病気は進行しているので、戦うならば時間との戦いでもあるのです。

no image

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

2013年1月5日夕方。 泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。 それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

セカンドオピニオン行って来ました②

静かに始まったセカンドオピニオン。 準備していた質問、大きく5つくらいですが、手短かに伝えました。 先生は、メモを取りながら話を聞いてくれ、こちらが質問を終えたらメモを見ながら順序立てて説明してくれま …