HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

精巣腫瘍でも子どもは授かります

投稿日:

タイトルはいきなり重たい内容ですが、これは本当です。
生き証人がここにいます。

わたくしhanは、一年半ほど前に精巣腫瘍を患い、お決まりのコースで精巣を摘出しました。
運良く早いステージだったため、手術だけで、その後の抗がん剤や放射線治療といった処置はありませんでした。

主治医からは精巣摘出手術の時に「生殖機能は温存される」とは聞いていたんです。
でも片方の精巣を取るわけです。
言うなれば、男性としての能力が半分になってしまう、と感じていたわけです。
子どもなんて頭の片隅にもなかったんですが、ある日ヨメさんから「できたみたい」と、知らされました。

どんな気分かというと、嬉しいのか、不安なのか、何がなんだかわからない気分です。
ただただ驚くばかり。
でもやっぱり嬉しいのです。

精巣腫瘍に関係なく、ずっと子どもができなくて悩んでいた僕らの元へ、子どもを授かるなんて最も絶望的なこの時期に、敢えて宿ってくれた命に、ただ感謝するばかりなのです。

「がんになって一年しか経ってないのに大丈夫?」というお声は耳にします。
普通の親御さん以上に、色々なことに備えないといけないのでしょう。

でも大丈夫。
生きていくモチベーションが違います。
病気になる前の何十倍も、真剣に生きていこうという気力が湧きました。

そして、出来ることなら、病気が原因で同じように子どもが出来るのか悩んでいる人や、病気を抱えながら家族を守るパパ、ママの為に、何か役に立てないか、という想いもフツフツと湧き上がっています。

タメになる話は別記事に掲載しますが、今日は決意表明と同時に同じような境遇の方へのエールを込めて。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

「がん」を会社にどう伝えるか?

思いがけず「がん」という大病を患った時、会社とはどのように付き合えばよいのでしょうか?

no image

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

2013年1月5日夕方。 泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。 それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

no image

抗がん剤治療は命がけの意味

セカンドオピニオンにも行き覚悟を決めた抗がん剤。治療する病院は今の病院でいいのか少し悩みました。

no image

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。 去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。

no image

セカンドオピニオンの手配

寝耳に水の転移の宣告。 けれど呆然としているわけにはいきません。 病気は進行しているので、戦うならば時間との戦いでもあるのです。