HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

手術から1年半、経過観察のCT検査

投稿日:

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。
精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。
結果は

「異常なし」

ということで、ひとまずホッと一息ついたところです。

毎回のことですが、普段はあまり意識しないのですが、半年毎のこのタイミングだけは自分が「がん」患者だということを思い知らされます。

同時に、せっかく運良く手術のみで経過観察で済んだ人生を大事にしなければと、決意を新たにする時期でもあります。

この半年間の出来事ですが、実は物凄く色々とありました。

1. 子どもを授かることになりました。

2. 転職することになりました。

3. 食生活を変ええてみました。

それぞれに書きたいことがたくさんありますので、また次の機会に。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。

no image

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。 去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。

退院後初のCT、経過観察の結果は

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。 退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。 体調的に …

no image

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

2013年1月5日夕方。 泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。 それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

抗がん剤は通院で治療できないのか?

抗がん剤のBEP療法で3ヶ月程の入院が必要だと言われてしまいましたが、会社勤めの身としては少々つらいもの。なんとか入院しなくていい方法をまずは考えていました。 治療を先延ばしにする 再発転移と言われて …