HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記⑦】運命の入院、手術の朝

投稿日:

2013年1月9日
いよいよ入院の日です。
5日程度の短期入院ですが、細々したものもちゃんと準備して、いざ病院へ向かいます。
知らず知らずのうちに神経が昂ってたんでしょう、途中の駅で知らないおじさんと「押した押された」で口論になるなど、軽いトラブルを起こしてしまいました。

病院に着くと、なんとかチェックインして病室を確保。
寝間着に着替えると、不思議なもので、一気に病人になった気がしてきます。
翌日が手術なんですが、あまり実感もわかないし、やることもありません。
とりあえず、全身麻酔のサインなど必要な手続きをすませて就寝しました。
眠れないかと思ってたところ、不思議と普通に寝れたので、意外と図太いんでしょう。

明けて翌日、手術の朝です。

まずは33年間共に過ごした、右のタマに最後のお別れ、下剤を飲んで手術までの時間を待ちました。
身内には手術の旨は連絡したのですが、あくまで「検査のための軽い手術」と説明したので、付き添いは嫁さんだけです。
自分自身もこの段階でもまだ、「切って検査したら良性でした」というシナリオを信じてましたので。

そして、とうとう手術の時間がきました。

【回想録⑧】手術、タマが摘出されハンタマに

-体験記

執筆者:

関連記事

セカンドオピニオン行って来ました①

精巣腫瘍の転移を宣告された翌日に手配したセカンドオピニオン。 二週間ほど待ってようやく受診してきました。

セカンドオピニオン行って来ました②

静かに始まったセカンドオピニオン。 準備していた質問、大きく5つくらいですが、手短かに伝えました。 先生は、メモを取りながら話を聞いてくれ、こちらが質問を終えたらメモを見ながら順序立てて説明してくれま …

no image

【精巣腫瘍体験記⑧】手術、タマが摘出されハンタマに

2013年1月10日15:00ごろ 前の手術が押していたようで、僕の順番も少し待たされました。 自分の順番が呼ばれてからは、特に具合が悪いわけではなかったので、歩いて手術室まで行きました。 手術室の中 …

no image

会社員の闘病準備。会社とお金のリアルな話

精巣腫瘍の再発・転移を宣告され、その場で抗ガン剤治療を勧められたわけですが、その時真っ先に頭によぎったのが、会社と仕事のことです。

no image

抗がん剤治療の入院準備

抗がん剤治療の入院まであと一週間と日にちが迫ってきました。 今回は最長で3ヶ月ずっと入院というケースもあるので、入院期間を快適に過ごすためにも、準備が大事です。