HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記⑦】運命の入院、手術の朝

投稿日:

2013年1月9日
いよいよ入院の日です。
5日程度の短期入院ですが、細々したものもちゃんと準備して、いざ病院へ向かいます。
知らず知らずのうちに神経が昂ってたんでしょう、途中の駅で知らないおじさんと「押した押された」で口論になるなど、軽いトラブルを起こしてしまいました。

病院に着くと、なんとかチェックインして病室を確保。
寝間着に着替えると、不思議なもので、一気に病人になった気がしてきます。
翌日が手術なんですが、あまり実感もわかないし、やることもありません。
とりあえず、全身麻酔のサインなど必要な手続きをすませて就寝しました。
眠れないかと思ってたところ、不思議と普通に寝れたので、意外と図太いんでしょう。

明けて翌日、手術の朝です。

まずは33年間共に過ごした、右のタマに最後のお別れ、下剤を飲んで手術までの時間を待ちました。
身内には手術の旨は連絡したのですが、あくまで「検査のための軽い手術」と説明したので、付き添いは嫁さんだけです。
自分自身もこの段階でもまだ、「切って検査したら良性でした」というシナリオを信じてましたので。

そして、とうとう手術の時間がきました。

【回想録⑧】手術、タマが摘出されハンタマに

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

【精巣腫瘍体験記②】ん、タマが硬い!?

2012年8月某日。 はじまりは夏のお話です。 お風呂に入って身体を洗っていた時に、右のタマの異変を、正確にはなんだかいつもより硬いなーという感じを得ました。 実は少し前に、しこたまタマを殴打すること …

「実はガンになりました」会社へのカミングアウト

精巣腫瘍のリンパ節転移を宣告され、PET検査を受けたり、セカンドオピニオンを取りに行ったりと目まぐるしく動いていますが、元々の身分はサラリーマン。 会社へカミングアウトしなきゃいけません。

no image

【精巣腫瘍体験記①】始まりはある日突然に

2013年4月9日 手術後3か月目、初めての定期検診を無事に終える。 「次の半年間生き延びるてもいいよ」というチケットをもらえたみたいな気分でした。

退院後初のCT、経過観察の結果は

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。 退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。 体調的に …

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。