HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

投稿日:

2013年1月5日夕方。
泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。
それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

ショックで暫し固まった後、病院からの帰り道で頭に浮かぶのは、
嫁さんにはなんて説明しようか?
週明けの検査は仕事休んで行くので会社にはなんて言って休みをもらおうか?
実家には?、友人には?連絡しようか??

不思議なことに、とにかく「がん」になったかもしれないことのショックよりも、家族や会社など自分の周りの人になんて説明するか?ということばかりが、頭の中をグルグルと回るのでした。

帰りの車で色々と考えた結果、やはりこのタイミングで嫁さんに断定的に話すのは、気が引けるので、

「腫瘍の疑いがあるみたいで、大学病院で検査しないと分からないので月曜に行って来る」

と少しぼかして伝えることにして、大学病院での結論が出るまでは先送りすることを選びました。
会社にも上司宛に「ちょっと病院に行くので」とだけ連絡を入れました。

1月7日。審判が下るまでの執行猶予期間です。

【回想録⑥】「精巣腫瘍」診断確定

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。 去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。

no image

PET/CT検査受けてきました(保険適用)

主治医に頼んで受診することにしたPET検査ですが、予約の電話をした二日後の日曜に受診してきました。

PET/CT検査の結果→転移判明

PET/CT検査を受診して5日後。 そろそろ結果が主治医に届いている頃かと病院に電話しました。 ちょうど結果が届いたところだそうで、必要なら取りに来れば渡してくれるとのこと。 では、、と翌日病院に取り …

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。

no image

【精巣腫瘍体験記④】近くの泌尿器科クリニックへ

2013年1月5日 いざ病院へ行こうと思っても泌尿器科なんてもちろん知りません。 ネットで近くの病院を調べて、1番信用できそうなクリニック選んで行くことにしました。 この病院、内科も兼務している上に、 …