HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

投稿日:

2013年1月5日夕方。
泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。
それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

ショックで暫し固まった後、病院からの帰り道で頭に浮かぶのは、
嫁さんにはなんて説明しようか?
週明けの検査は仕事休んで行くので会社にはなんて言って休みをもらおうか?
実家には?、友人には?連絡しようか??

不思議なことに、とにかく「がん」になったかもしれないことのショックよりも、家族や会社など自分の周りの人になんて説明するか?ということばかりが、頭の中をグルグルと回るのでした。

帰りの車で色々と考えた結果、やはりこのタイミングで嫁さんに断定的に話すのは、気が引けるので、

「腫瘍の疑いがあるみたいで、大学病院で検査しないと分からないので月曜に行って来る」

と少しぼかして伝えることにして、大学病院での結論が出るまでは先送りすることを選びました。
会社にも上司宛に「ちょっと病院に行くので」とだけ連絡を入れました。

1月7日。審判が下るまでの執行猶予期間です。

【回想録⑥】「精巣腫瘍」診断確定

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

抗がん剤治療の入院準備

抗がん剤治療の入院まであと一週間と日にちが迫ってきました。 今回は最長で3ヶ月ずっと入院というケースもあるので、入院期間を快適に過ごすためにも、準備が大事です。

no image

経過観察期間の不安「これって精巣腫瘍(がん)の転移、再発?」

2013年の1月に精巣腫瘍を患い緊急手術、右側精巣を摘出したわけですが、僕の場合はその後の処置としては、「経過観察」ということでした。

no image

PET/CT検査受けてきました(保険適用)

主治医に頼んで受診することにしたPET検査ですが、予約の電話をした二日後の日曜に受診してきました。

納得するためのPET検査を受ける

医師からはCTの画像を見て腹部のリンパ節増大が確認されたということで、転移の診断を受けたわけですが、患者の身としては「それだけで決めるの?」というのが正直な感想です。

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。