HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

再び定期検診18ヶ月目

投稿日:2016年10月24日 更新日:

秋の気配を感じるこの時期に18ヶ月目のていき受けてきました。

おかげさまでCTは異常なし。疑わしいとこももなく、主治医からは3ヶ月おきに受けているこの検診も、2年経ったところから半年おきにしましょうと提案を受けました。

ようやく病人としてのギアがもう一段階ローに入るということでなんだか感慨深い。
と、ここまでは良かったのですが、血液検査の結果が。。。

ASTとALTが基準値よりも高いHがついている。

ASTとALTってなに?って方。これ何の数値かというと肝機能の数値なんです。

実は何年も前から脂肪肝を指摘されていたんですが、特に血液検査では異常が出てなかったので、甘くみてました。

確かに体重もこの数ヶ月の間に3キロくらい増えてた気がする。

せっかくガンの予後が良好だというのに、別の病気になってたんじゃ、死ぬ思いして治療した意味がないわけです。

食事と運動の改善をやらねばと焦ってます。

早速思いついたのが、平日ランチのヘルシーメニュー化と週に複数回の運動。

これを続ければちゃんと改善していくはずなんですが。ちゃんと続けられるかどうかはこのブログで定期的に報告しようと思います。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

精巣腫瘍(がん)の手術から1年、リンパの腫れは?

精巣腫瘍の手術を受けて早いもので1年が経ちました。 先日これで3回目となる検査を受けてきました。 前回の検査では実はちょっと嫌なものが見つかっていました。

no image

会社員の闘病準備。会社とお金のリアルな話

精巣腫瘍の再発・転移を宣告され、その場で抗ガン剤治療を勧められたわけですが、その時真っ先に頭によぎったのが、会社と仕事のことです。

no image

【精巣腫瘍体験記⑦】運命の入院、手術の朝

2013年1月9日 いよいよ入院の日です。 5日程度の短期入院ですが、細々したものもちゃんと準備して、いざ病院へ向かいます。 知らず知らずのうちに神経が昂ってたんでしょう、途中の駅で知らないおじさんと …

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は

セカンドオピニオン行って来ました①

精巣腫瘍の転移を宣告された翌日に手配したセカンドオピニオン。 二週間ほど待ってようやく受診してきました。