HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

再び定期検診18ヶ月目

投稿日:2016年10月24日 更新日:

秋の気配を感じるこの時期に18ヶ月目のていき受けてきました。

おかげさまでCTは異常なし。疑わしいとこももなく、主治医からは3ヶ月おきに受けているこの検診も、2年経ったところから半年おきにしましょうと提案を受けました。

ようやく病人としてのギアがもう一段階ローに入るということでなんだか感慨深い。
と、ここまでは良かったのですが、血液検査の結果が。。。

ASTとALTが基準値よりも高いHがついている。

ASTとALTってなに?って方。これ何の数値かというと肝機能の数値なんです。

実は何年も前から脂肪肝を指摘されていたんですが、特に血液検査では異常が出てなかったので、甘くみてました。

確かに体重もこの数ヶ月の間に3キロくらい増えてた気がする。

せっかくガンの予後が良好だというのに、別の病気になってたんじゃ、死ぬ思いして治療した意味がないわけです。

食事と運動の改善をやらねばと焦ってます。

早速思いついたのが、平日ランチのヘルシーメニュー化と週に複数回の運動。

これを続ければちゃんと改善していくはずなんですが。ちゃんと続けられるかどうかはこのブログで定期的に報告しようと思います。

-体験記

執筆者:

関連記事

「実はガンになりました」会社へのカミングアウト

精巣腫瘍のリンパ節転移を宣告され、PET検査を受けたり、セカンドオピニオンを取りに行ったりと目まぐるしく動いていますが、元々の身分はサラリーマン。 会社へカミングアウトしなきゃいけません。

no image

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

2013年1月5日夕方。 泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。 それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

no image

手術から9ヵ月目の定期健診

2013年1月に精巣腫瘍の摘出手術を受けて、経過観察となってから9ヵ月。 2回目の健診がやってきました。 前回は術後3ヵ月の4月に検査があり、今回はそこから6ヶ月後。

再開。抗ガン剤治療から社会復帰して一年。

実は抗ガン剤治療を終えて社会復帰して今月で一年が経ちます。これを機に、ブログの更新も定期的に行っていきすます。 正直この一年は会社に復帰してもとのペースで仕事ができるよう、量ではなく質という意味ですが …

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …