HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

投稿日:

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。
去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。


おそらく、今まで生きてきて初めて、死と真剣に向き合い、自分が死んでしまった後のことについて、あれこれ悩んだ時。

辛い闘病生活もあり、まだ仮釈放中の身であるとも言えますが、こうして1年後を振り返る文章を書けているということは、改めて自分は生き延びたなー実感できる瞬間です。

おかげ様で、去年の4月頃に退院、夏から会社復帰し約半年、普通の社会人と同じ生活をおくれてきました。

まだしばらくは3ヶ月毎の定期検査は続きますし、転移したリンパ節の残骸は小さいながらも体内に残っているので、ガンと縁を切ることは一生できないのでしょう。

けれど、1年、また1年と過ごすうちに、この運命ともより上手く付き合っていけるという、自信のような手応えは感じています。

去年は社会復帰したとはいえ、仕事のペースを作るので精一杯、ブログを書いたり、勉強したりする余裕はありませんでしたが、今年は少しずつ手を広げていこうと思います。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

経過観察期間の不安「これって精巣腫瘍(がん)の転移、再発?」

2013年の1月に精巣腫瘍を患い緊急手術、右側精巣を摘出したわけですが、僕の場合はその後の処置としては、「経過観察」ということでした。

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。

退院後初のCT、経過観察の結果は

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。 退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。 体調的に …

no image

がんと向き合うココロの準備

抗がん剤治療も終わり、最初の定期健診も無事に通過したので、がんや病気と闘うための心構えについて、書いてみたいと思います。

3ヶ月検診の結果。そして社会復帰も1年を超えた。

先日3ヶ月おきの定期検査を受けて来ました。 嬉しいことに何事もなく、ホッと胸をなでおろしたところです。 もう何度も経験しているのですが、検査結果を聞きに診察室に入り、主治医の先生が検査結果の電子カルテ …