HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

投稿日:

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。
去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。


おそらく、今まで生きてきて初めて、死と真剣に向き合い、自分が死んでしまった後のことについて、あれこれ悩んだ時。

辛い闘病生活もあり、まだ仮釈放中の身であるとも言えますが、こうして1年後を振り返る文章を書けているということは、改めて自分は生き延びたなー実感できる瞬間です。

おかげ様で、去年の4月頃に退院、夏から会社復帰し約半年、普通の社会人と同じ生活をおくれてきました。

まだしばらくは3ヶ月毎の定期検査は続きますし、転移したリンパ節の残骸は小さいながらも体内に残っているので、ガンと縁を切ることは一生できないのでしょう。

けれど、1年、また1年と過ごすうちに、この運命ともより上手く付き合っていけるという、自信のような手応えは感じています。

去年は社会復帰したとはいえ、仕事のペースを作るので精一杯、ブログを書いたり、勉強したりする余裕はありませんでしたが、今年は少しずつ手を広げていこうと思います。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

【精巣腫瘍体験記④】近くの泌尿器科クリニックへ

2013年1月5日 いざ病院へ行こうと思っても泌尿器科なんてもちろん知りません。 ネットで近くの病院を調べて、1番信用できそうなクリニック選んで行くことにしました。 この病院、内科も兼務している上に、 …

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。

no image

セカンドオピニオンの手配

寝耳に水の転移の宣告。 けれど呆然としているわけにはいきません。 病気は進行しているので、戦うならば時間との戦いでもあるのです。

PET/CT検査の結果→転移判明

PET/CT検査を受診して5日後。 そろそろ結果が主治医に届いている頃かと病院に電話しました。 ちょうど結果が届いたところだそうで、必要なら取りに来れば渡してくれるとのこと。 では、、と翌日病院に取り …

no image

抗がん剤治療は命がけの意味

セカンドオピニオンにも行き覚悟を決めた抗がん剤。治療する病院は今の病院でいいのか少し悩みました。