HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

投稿日:

2013年の正月。
「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。
年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう病院へ行くことになります。
というのが、お正月に嫁さんが僕の体の異変に気付いたのです。

「なんかタマが腫れてるね」

彼女に言われてしまって、「もう逃げられない」とようやく自分の中で向き合う決心がつきました。

「ほんとだ、何だろうね??」

やっぱり誤魔化したい気持ちもあって、初めて気づいたというリアクションで肯定してしまいました。

そこからは早かったです。
嫁さんも気になって、僕と同じようにキーワード「こうがん、硬い」でGoogle検索。
出るわ出るわの「精巣がん」の文字に一気に不安になったようです。
お互い親族身内を含めても、身近な所で「がん」に縁がある人が全くいなかったため、これまで意識の片隅にもなかった「がん」という言葉。
それがいきなり自分達に降りかかることになるのです。
軽くパニック状態になってしまいました。

場所が場所だけに、そしてウチにはまだ子供がいないということもあり、正月休み明けすぐに病院に行くことになったのです。

【回想録④】近くの泌尿器科クリニックへ

-体験記

執筆者:

関連記事

セカンドオピニオン行って来ました①

精巣腫瘍の転移を宣告された翌日に手配したセカンドオピニオン。 二週間ほど待ってようやく受診してきました。

no image

セカンドオピニオンの手配

寝耳に水の転移の宣告。 けれど呆然としているわけにはいきません。 病気は進行しているので、戦うならば時間との戦いでもあるのです。

no image

【精巣腫瘍体験記①】始まりはある日突然に

2013年4月9日 手術後3か月目、初めての定期検診を無事に終える。 「次の半年間生き延びるてもいいよ」というチケットをもらえたみたいな気分でした。

no image

会社員の闘病準備。会社とお金のリアルな話

精巣腫瘍の再発・転移を宣告され、その場で抗ガン剤治療を勧められたわけですが、その時真っ先に頭によぎったのが、会社と仕事のことです。

no image

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ①

2015年1月、ちょうど2年を迎える節目の検査。 いつものようにCTを撮って翌週結果を聞きに病院へ。 これまたいつものように「引き続き経過を見ていきましょう」と言われるものとばかり思っていたところに、 …