HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

退院後初のCT、経過観察の結果は

投稿日:2015年8月12日 更新日:

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。

退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。

体調的に気になることは何もないし、体力的にも仕事復帰してから、1日ごとに元に戻っていってるという実感もある。

いたって順調な3ヶ月だったわけですが、検査となればそこは別。何か見つかるんじゃないかとドキドキしてました。

何と言っても精巣腫瘍の発症、その後の再発転移と当たりたくない宝クジを2度も引き当てているこの悪運。

心配するなと言う方が無理な相談です。

恐る恐る受けてきた結果はというと、、、

異常なし

おかげさまで何事もなく、前回の抗がん剤投与後すぐにCTを撮った時よりも、残っていた腫瘍のカスらしきもの?は小さくなっているとのこと。

自分でも画像を見ましたが、確かに言われないとわからないくらいのレベルでさした。

とにかくひと安心。

これでもしも再再発してるとかってなると、復帰したばかりの会社はどうするのか?とか、ようやく懐いてきたもうすぐ1歳になる子どもとはお別れしなきゃいけないとか、問題が山積み。

とてもじゃないけど、あの闘病生活をもう1回何ヶ月もやれる状況じゃありません。

そういったわけで、なんとか次の3ヶ月間は普通に暮らせるお墨付きをもらえたのです。

次は10月。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …

抗ガン剤治療、入院中の仕事とお金を考える①

今回の転移への治療方針では抗ガン剤による化学療法(BEP療法)を勧められています。

no image

「がん」を会社にどう伝えるか?

思いがけず「がん」という大病を患った時、会社とはどのように付き合えばよいのでしょうか?

no image

ガン再発から1年。新たに決意と共に行動を!

ずいぶんと更新していませんでしたが、精巣腫瘍の再発、転移がみつかってから1年が経ちました。 去年の今頃、正月気分も覚めやらぬまま、定期検査の結果を聞きに病院に行って告げられた事実。