HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

退院後初のCT、経過観察の結果は

投稿日:2015年8月12日 更新日:

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。

退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。

体調的に気になることは何もないし、体力的にも仕事復帰してから、1日ごとに元に戻っていってるという実感もある。

いたって順調な3ヶ月だったわけですが、検査となればそこは別。何か見つかるんじゃないかとドキドキしてました。

何と言っても精巣腫瘍の発症、その後の再発転移と当たりたくない宝クジを2度も引き当てているこの悪運。

心配するなと言う方が無理な相談です。

恐る恐る受けてきた結果はというと、、、

異常なし

おかげさまで何事もなく、前回の抗がん剤投与後すぐにCTを撮った時よりも、残っていた腫瘍のカスらしきもの?は小さくなっているとのこと。

自分でも画像を見ましたが、確かに言われないとわからないくらいのレベルでさした。

とにかくひと安心。

これでもしも再再発してるとかってなると、復帰したばかりの会社はどうするのか?とか、ようやく懐いてきたもうすぐ1歳になる子どもとはお別れしなきゃいけないとか、問題が山積み。

とてもじゃないけど、あの闘病生活をもう1回何ヶ月もやれる状況じゃありません。

そういったわけで、なんとか次の3ヶ月間は普通に暮らせるお墨付きをもらえたのです。

次は10月。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

経過観察期間の不安「これって精巣腫瘍(がん)の転移、再発?」

2013年の1月に精巣腫瘍を患い緊急手術、右側精巣を摘出したわけですが、僕の場合はその後の処置としては、「経過観察」ということでした。

no image

精巣腫瘍でも子どもは授かります

タイトルはいきなり重たい内容ですが、これは本当です。 生き証人がここにいます。

セカンドオピニオン行って来ました①

精巣腫瘍の転移を宣告された翌日に手配したセカンドオピニオン。 二週間ほど待ってようやく受診してきました。

3ヶ月検診の結果。そして社会復帰も1年を超えた。

先日3ヶ月おきの定期検査を受けて来ました。 嬉しいことに何事もなく、ホッと胸をなでおろしたところです。 もう何度も経験しているのですが、検査結果を聞きに診察室に入り、主治医の先生が検査結果の電子カルテ …

納得するためのPET検査を受ける

医師からはCTの画像を見て腹部のリンパ節増大が確認されたということで、転移の診断を受けたわけですが、患者の身としては「それだけで決めるの?」というのが正直な感想です。