HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

退院後初のCT、経過観察の結果は

投稿日:2015年8月12日 更新日:

先日退院してから初めてのCTを撮ってきました。定期的に経過観察をやりましょうとなっていたものの1回目です。

退院から数えるとちょうど3ヶ月。職場にもようやく復帰して数週間といったところです。

体調的に気になることは何もないし、体力的にも仕事復帰してから、1日ごとに元に戻っていってるという実感もある。

いたって順調な3ヶ月だったわけですが、検査となればそこは別。何か見つかるんじゃないかとドキドキしてました。

何と言っても精巣腫瘍の発症、その後の再発転移と当たりたくない宝クジを2度も引き当てているこの悪運。

心配するなと言う方が無理な相談です。

恐る恐る受けてきた結果はというと、、、

異常なし

おかげさまで何事もなく、前回の抗がん剤投与後すぐにCTを撮った時よりも、残っていた腫瘍のカスらしきもの?は小さくなっているとのこと。

自分でも画像を見ましたが、確かに言われないとわからないくらいのレベルでさした。

とにかくひと安心。

これでもしも再再発してるとかってなると、復帰したばかりの会社はどうするのか?とか、ようやく懐いてきたもうすぐ1歳になる子どもとはお別れしなきゃいけないとか、問題が山積み。

とてもじゃないけど、あの闘病生活をもう1回何ヶ月もやれる状況じゃありません。

そういったわけで、なんとか次の3ヶ月間は普通に暮らせるお墨付きをもらえたのです。

次は10月。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

【精巣腫瘍体験記④】近くの泌尿器科クリニックへ

2013年1月5日 いざ病院へ行こうと思っても泌尿器科なんてもちろん知りません。 ネットで近くの病院を調べて、1番信用できそうなクリニック選んで行くことにしました。 この病院、内科も兼務している上に、 …

no image

【精巣腫瘍体験記⑤】泌尿器科クリニックで精巣がんと言われた帰り道

2013年1月5日夕方。 泌尿器科クリニックでは、見事に「精巣がん」の疑いありと宣告されました。 それも限りになくクロに近い疑いだそうです。

セカンドオピニオン行って来ました②

静かに始まったセカンドオピニオン。 準備していた質問、大きく5つくらいですが、手短かに伝えました。 先生は、メモを取りながら話を聞いてくれ、こちらが質問を終えたらメモを見ながら順序立てて説明してくれま …

no image

抗がん剤治療は命がけの意味

セカンドオピニオンにも行き覚悟を決めた抗がん剤。治療する病院は今の病院でいいのか少し悩みました。

no image

【精巣腫瘍体験記⑥】「精巣腫瘍」診断確定

2013年1月7日 朝イチで予約した大学病院へ、いざ出発。 担当の先生に紹介状を渡し、症状など簡単に説明すると、早速エコー診断と触診。 「精巣腫瘍ですね」