HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

入院前夜。散髪に買い物に最後の晩餐

投稿日:

いよいよ明日に入院を控え、準備の最終確認です。
朝起きたらまずは床屋さんに行ってきました。

抗がん剤の副作用である脱毛に備えて事前に髪の毛を短くカットしようと思ってたんです。どうせ抜けてなくなるんだから、、、と思って、普段行ってる美容院ではなく1000円カットの床屋さんに行くことにしました。

髪型もオシャレに切ってもらっても意味がないので、丸坊主にでもしようかと思ったんですが、なんとなく悲愴感が出てしまうので、短い刈り上げ頭くらいに留めました。

それでもかなりスッキリ。運良く副作用が出ずに髪が抜けなかったとしても、今度は3ヶ月伸び放題ってことにもなってしまうので、ちょうどよかった。急に短くしたので、風邪をひかないように気をつけよう。

そのままブックオフに行って入院中に読む本を購入に。とにかく時間があるので、1日1冊読んでも3ヶ月で90冊。100円の文庫本を買いあさりました。とりあえず40冊くらい買い込んで帰宅。

両手に一杯の袋を抱えながら、よく考えたら入院当日は電車で行く予定だったので、これどうやって運べばいいんだろう。と不安になる。まあ、1週間ずつ小分けにしてちよっとずつ持って来てもらおう。

家で着替えなどの荷作りをするうちに夕食の支度をする時間。嫁さんから今日は最後の晩餐だからと、好きなものを食べていいと許しが出たので、迷わずステーキをリクエスト。

入院したら3ヶ月、焼き肉やステーキなんて食べれないので、肉の味を楽しみながら、お酒も少し飲んで最後の晩餐を楽しみました。

これで思い残すことはない。サイは振られたのです。明日からは戦闘態勢だ。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

【精巣腫瘍体験記①】始まりはある日突然に

2013年4月9日 手術後3か月目、初めての定期検診を無事に終える。 「次の半年間生き延びるてもいいよ」というチケットをもらえたみたいな気分でした。

no image

抗がん剤治療の入院準備

抗がん剤治療の入院まであと一週間と日にちが迫ってきました。 今回は最長で3ヶ月ずっと入院というケースもあるので、入院期間を快適に過ごすためにも、準備が大事です。

no image

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ②

いつも通り経過観察のCTを受けていつも通り終わるはずだった2015年1月の定期健診。 突然の転移の宣告に頭が真っ白になりましたが、内容を整理すると、、、

no image

精巣腫瘍の発病から1年を迎えて

2013年の1月に精巣腫瘍の診断を受けて、そのまま「こうがん」の摘出手術をして、一年が経過しました。

納得するためのPET検査を受ける

医師からはCTの画像を見て腹部のリンパ節増大が確認されたということで、転移の診断を受けたわけですが、患者の身としては「それだけで決めるの?」というのが正直な感想です。