HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

抗がん剤は通院で治療できないのか?

投稿日:2015年2月12日 更新日:

抗がん剤のBEP療法で3ヶ月程の入院が必要だと言われてしまいましたが、会社勤めの身としては少々つらいもの。なんとか入院しなくていい方法をまずは考えていました。

治療を先延ばしにする
再発転移と言われても自覚症状は全くない。本当にガンなんだろうかと首を傾げたくなるくらいです。しばらく治療を先延ばしにしても大丈夫なんじゃないかと考えたくなります。

このままほっとくとどうなるのか病院で聞いたみました。主治医が言うには、精巣腫瘍は進行が早いことで有名なガン。自覚症状がないからと放っておくと半年から1年のうちに命に関わるよ、と。治る可能性も高いとはいえ、やっぱり怖い病気です。

放射線治療という選択
ガンに対しての三大治療法である放射線治療も当然考えました。放射線治療であれば入院ではなく通いで治療した人を何人も知っています。また精巣腫瘍、特にセミノーマでは放射線がよく効くことは証明済です。

これについては、セカンドオピニオンでがんセンターの先生に話を聞いたところ、

「確かに放射線はセミノーマによく効く。今の転移したリンパ節に当てれば90%の確率でよくなることが期待できます。けれど、放射線は当てる範囲が決まっているので、目に見えないくらい小さな転移があれば、そこには効果がない。」

と言われました。転移覚悟でとりあえず今あるところだけを治して、後は様子をみるというのであれば、といった感じです。

抗がん剤を通院治療で
最近は抗がん剤治療のやり方も進化して、外来化学療法と言って、通院で打っているという人もいるようです。僕の行った病院でも通院用の抗がん剤治療室という部屋があるようなので、聞いてみました。

主治医いわく、

「確かに通院で抗がん剤をするケースはあるようでした。けれど、精巣腫瘍の場合は完治を目指す抗がん剤治療。

がん細胞を殺すところまで徹底的にやるため、期間を詰めて一気にやる必要がある。その分、免疫力の低下など副作用も慎重に見ながらやらないといけないので入院してやるべき」

とのことでした。

患者が自分の意思をはっきり伝え、メリットとリスクをきちんと理解できれば、色々なやり方があるようだ。

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

2年目の嵐。精巣腫瘍とうとう転移へ②

いつも通り経過観察のCTを受けていつも通り終わるはずだった2015年1月の定期健診。 突然の転移の宣告に頭が真っ白になりましたが、内容を整理すると、、、

PET/CT検査の結果→転移判明

PET/CT検査を受診して5日後。 そろそろ結果が主治医に届いている頃かと病院に電話しました。 ちょうど結果が届いたところだそうで、必要なら取りに来れば渡してくれるとのこと。 では、、と翌日病院に取り …

no image

手術から9ヵ月目の定期健診

2013年1月に精巣腫瘍の摘出手術を受けて、経過観察となってから9ヵ月。 2回目の健診がやってきました。 前回は術後3ヵ月の4月に検査があり、今回はそこから6ヶ月後。

no image

がんと向き合うココロの準備

抗がん剤治療も終わり、最初の定期健診も無事に通過したので、がんや病気と闘うための心構えについて、書いてみたいと思います。

no image

手術から1年半、経過観察のCT検査

はんの精巣摘出手術から1年半が経ちました。 精巣腫瘍(セミノーマⅠ)が再発していないのか、恒例のCT検査を受けてきました。 結果は