HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

抗がん剤治療の入院準備

投稿日:

抗がん剤治療の入院まであと一週間と日にちが迫ってきました。
今回は最長で3ヶ月ずっと入院というケースもあるので、入院期間を快適に過ごすためにも、準備が大事です。

いくら準備しても副作用が酷ければ快適も何もないのですが、最近は薬も良くなって副作用がほとんど出ないという人もいるとのこと。

そんな現状を踏まえてか、入院の説明を聞くときに、何度も暇つぶしの漫画やゲームをちゃんと準備するよう医師や看護師の人に言われました。

まあ、ストレスが何より病気に悪いので、ちょっとでもリラックスできるようにという配慮からかもしれません。

今のところ準備してるものとしては、

パジャマ、タオル類
もちろん病院ですべて手配してくれるセットがあるんですが、1日400円。
安いと思うのですが、3ヶ月入院するとチリも積もればで、400円×90日=36000円とバカになりません。他にも差額ベッド代やらなんやらで、高額療養費の適用外の費用があるので、締めれるところは締めといた方が良さそうです。

風呂用品などのお泊まりセット
もともと出張生活のため、この辺りはお手の物。持ってるアイテムで問題ありませんでした。

漫画や本など読書関係グッズ
TV以外の時間に一番お世話になるアイテムなんですが、まだ読みたいものが思いつきません。ブックオフに何時間か篭って買い揃えてきます。

スマホとiPad
問題は病室で充電器が使えないこと。
一応デイルームみたいなところや、タリーズなんかが病院に入っているので、その辺りで電源は取れそうなんですが、けっこう不便かも。

ということで、充電関係のアイテムは今回こだわりました。

電池式充電器を準備、電池も充電できるやつをamazonで買いました。

使い捨て電池もかなり安いのがあったので、とりあえずひと箱。

これで電源の心配はなさそうです。
後はテレビが1日500円らしく、これも3ヶ月となるとけっこうな出費。スマホのワンセグで済ませるのか悩み中。

これから命がけの抗がん剤治療に臨むとは思えないほどのんびりしてますが、病気との闘いは長期戦。ストレスを溜めず、免疫力を維持することも大事なので、万全の準備で入院します。

-体験記

執筆者:

関連記事

セカンドオピニオン行って来ました①

精巣腫瘍の転移を宣告された翌日に手配したセカンドオピニオン。 二週間ほど待ってようやく受診してきました。

no image

「がん」を家族にどう伝えるか?

僕は33歳という若さで10万人に1人と言われる精巣がんという病気にかかりました。 働き盛りの30代にとって「がん」は全くの別世界の出来事でした。 同じように生きてきた僕の家族にとっても、きっと青天の霹 …

no image

抗がん剤治療は命がけの意味

セカンドオピニオンにも行き覚悟を決めた抗がん剤。治療する病院は今の病院でいいのか少し悩みました。

セカンドオピニオン行って来ました②

静かに始まったセカンドオピニオン。 準備していた質問、大きく5つくらいですが、手短かに伝えました。 先生は、メモを取りながら話を聞いてくれ、こちらが質問を終えたらメモを見ながら順序立てて説明してくれま …

no image

手術から9ヵ月目の定期健診

2013年1月に精巣腫瘍の摘出手術を受けて、経過観察となってから9ヵ月。 2回目の健診がやってきました。 前回は術後3ヵ月の4月に検査があり、今回はそこから6ヶ月後。