HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

体験記

【精巣腫瘍体験記②】ん、タマが硬い!?

投稿日:

2012年8月某日。
はじまりは夏のお話です。
お風呂に入って身体を洗っていた時に、右のタマの異変を、正確にはなんだかいつもより硬いなーという感じを得ました。
実は少し前に、しこたまタマを殴打することがあったので、硬いのはそのせいで腫れているんだろうと、その時は思い込んでいました。

それから1ヵ月。
特に意識せず過ごしていたのですが、タマは相変わらず硬いまま、そして心なしか大きくなってきた感じがします。
おかしいなーと思いつつも、特に痛みもないので放置してしまいました。
実は後にこれが命取りとなるのです。

2012年11月某日。
タマ硬いまま、大きさも変わらずということで、いよいよ気になって初めてのネット検索をします。

『こうがん、硬い』

ずらずらーっと出てきたのは、「精巣がん」という耳慣れないワードの連続です。。
思いがけない「がん」という言葉の出現に、かなりのショックを受けるが、検索サイトと恐る恐る読み進めるうちに、どうも別の病気(炎症など)の可能性についても記述が多いようです。
後から思えば、完全な現実逃避ですが、自分の症状は「がん」ではなく、そちらだと自分に言い聞かせる。

それからの毎日は本当に鬱になる日々でした。
もちろん早期発見、早期治療がいいのは間違いのですが、病名が確定で死刑宣告されるみたいな気になり、病院へ行くかの葛藤、さらに現実逃避、先のばしモード。。
12月まで引っ張った挙句、「こんな年の瀬に「がん」が見つかると家族が明るい正月を迎えられない」、と無茶苦茶な理由をつけて、とうとう年内の先のばしを確定させてしまうのです。

今から思えばなんてバカなことをと、自分を叱りつけたいのですが、それだけ異常な精神状態だったのでしょう。
皆さんはくれぐれも異変を感じたらスグ病院に行って下さい。
そんな僕がとうとう病院に行く日が来きます。

そこから急転直下、激動の日々が始まるのでした。

【回想録③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

-体験記

執筆者:

関連記事

no image

【精巣腫瘍体験記③】嫁バレ、とうとう現実と向き合うことに

2013年の正月。 「精巣がんかもしれない」という不安を抱えながら、2012年の年末は悶々と過ごし、2013年を迎えることになりました。 年が明けても相変わらず煮え切らない感じだったのですが、とうとう …

no image

経過観察期間の不安「これって精巣腫瘍(がん)の転移、再発?」

2013年の1月に精巣腫瘍を患い緊急手術、右側精巣を摘出したわけですが、僕の場合はその後の処置としては、「経過観察」ということでした。

3ヶ月検診の結果。そして社会復帰も1年を超えた。

先日3ヶ月おきの定期検査を受けて来ました。 嬉しいことに何事もなく、ホッと胸をなでおろしたところです。 もう何度も経験しているのですが、検査結果を聞きに診察室に入り、主治医の先生が検査結果の電子カルテ …

no image

精巣腫瘍でも子どもは授かります

タイトルはいきなり重たい内容ですが、これは本当です。 生き証人がここにいます。

no image

【精巣腫瘍体験記⑦】運命の入院、手術の朝

2013年1月9日 いよいよ入院の日です。 5日程度の短期入院ですが、細々したものもちゃんと準備して、いざ病院へ向かいます。 知らず知らずのうちに神経が昂ってたんでしょう、途中の駅で知らないおじさんと …