HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

がんサバイバー家を建てる

注文住宅を建てることを決意、パートナーもみつける

投稿日:

資金計画はもちろん大切ですが、やはり大事なのは家族みんなが満足できるマイホームを手に入れることができるかということです。

これまで住んできた賃貸物件や実際に見た建売住宅の感想から、どうも我が家のニーズを満足させるには、注文住宅を建てるしかなないなと、おぼろげながら考えていました。

「おぼろげながら」というのは、本当に注文住宅を建てるとすると、ものスゴく大変だろうと、知らないながらも思っていたからです。

なんとなく現実逃避ですね。

でも、具体的に物件をまわり始めると、そうも言ってられません。

建売を何軒回っても、希望の物件にまったく巡り会えず、「ウチには注文住宅しかないよ」ということが、どんどん明らかなになっていくのです。

そんなある日、とうとう決意をして、注文住宅ありきでマイホームの計画を立てることにしました。

でも、いざ注文住宅を建てよう!と決意しても、何から始めたらいいかわかりません。
とりあえず、スーモなどの不動産サイトを読み漁り、注文住宅を建てる際の段取りなど頭に入れたところ、まずやらなきゃいけないこととしては、信頼できるハウスメーカーや建築事務所など、プロのパートナーをみつけることでした。

大手のハウスメーカーがいいのか、設計事務所がいいのかなど、注文住宅で建てるにしてもパートナーのタイプは色々とあるのです。

うちの場合は、最初に住宅展示場に行って大手のハウスメーカーを見て回りました。住宅展示場はひとところにハウスメーカーが集まっていて、1日で多くの会社を回れるのでとても効率がいいです。
数社まわってモデルハウスも見て、営業担当の人にそのメーカーの特色なんかを聞いてみたりもしました。

何度か住宅展示場を回った後、だいたい感触が掴めて来たのですが、話を聞く限りは、それなりの価格帯でできるのは、建売住宅に一部カスタマイズできる部分がありますくらいなのかなー感じました。

また、モデルハウス巡りする中で、こういった大手メーカーは建築本来の部分にかかる経費以外の部分でも、営業経費などがけっこうかかっているだろうから、その分のコストが価格にも反映されるんだろうなというのも、よく言われる話ですが、改めて実感しました。

そんなわけで、違うタイプ、いわゆる大手メーカーでなく、設計事務所や地元の工務店なども見てみようと、これは完全にネットの検察が頼りですが、探し始めました。

幸いなことに、あれこれ検索して情報収集したおかげで、地元鎌倉に密着している建築事務所をみつけるかとができ、早速相談会の予約をして話を聞きに行ったところ、これが当たりでした。

僕も奥さんも社長と意気投合し、家作りに関する考え方や、営業っぽさが全くない急かさないスタイルを気に入って、まずはここと話をしていこうと思うに至りました。

まずはこの会社が手がけた物件見学や、土地探しを一緒にやってみることにしたのです。

-がんサバイバー家を建てる

執筆者:

関連記事

がんサバイバー家を建てることを決意

僕が精巣がんを患って約5年が経ちます。さすが5年生存率が90%超えるがんだけあって、めでたく生きながらえました。 もちろん生きてること前提でこれまで暮らしてきましたが、節目というのは大事なもの。 今後 …

マンション?建売?注文住宅?

鎌倉に住もう決めたら次に考えるのは、マンションにするか?一戸建にするのか? 一戸建であれば建売にするか注文住宅にするのか? 決めることはたくさんあるのです。 鎌倉は新築のマンションが少なく、マンション …

上棟式やりました。ご祝儀は?

我が家でも上棟式をやることになりました。上棟式の目的は大工さん達を労い感謝を伝えるものなので、施主が大工さん達に御祝儀を配るイベントです。 金額の相場は、棟梁に1-3万円、大工に3-5千円とのこと。 …

どこに住む?鎌倉・湘南エリア別の様子

不動産屋巡りをしてどんな立地のどんな家がいいのか?のイメージ作りをしつつ、具体的に住むエリアの絞り込みも進めていきました。 立地と住むエリアは僕の中では似てるけれども全く違うものとして理解しています。 …

住宅ローンの申請。がんサバイバーはやはりフラット35の一択

土地が決まると話がトントンと進みます。土地の売買契約、引渡し決済、建築請負契約、着工と流れは決まっています。 まずは手付金を払って売買契約を結びます。手付金は土地の価格の10%程度、これに仲介手数料の …