HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

医療費と保険

抗がん剤治療、気になる治療費は?

投稿日:2014年8月29日 更新日:

がんの治療は手術、放射線、抗がん剤の3つの療法を組み合わせる集学的治療が基本ですが、がんとの闘病と聞くとイメージされるのは抗がん剤治療ではないでしょうか。

抗がん剤治療は、手術によって治療できない進行性がんの治療や、手術の精度を高めるためにがんを小さくさせる目的、手術後の再発防止の手段として、治療に使われています。

乳がんの治療例
①手術前に抗がん剤治療を行いがんを小さくする
②手術によってがんを切除
③抗がん剤治療で再発防止

白血病の治療例
①抗がん剤治療で全てのがん細胞の死滅を目指す

気になる治療期間と治療費

抗がん剤治療というと、長期にわたる治療がイメージされます。
当然ながら、その間は生活にさまざまな支障をきたすことになり、またお金の心配も後を断ちません。

乳がんの場合
使い方:手術前のがんの縮小、再発予防
治療期間:1コース3週間、18コース
治療費:1コースあたり約16万円

大腸がんの場合
使い方:再発予防、進行がんの治療
治療期間:1コース3週間
治療費:1コースあたり約36万円

肺がんの場合
使い方:がんの増加を抑制
治療期間:1日1回を継続
治療費:1日あたり約6,500円

白血病の場合
使い方:寛解、寛解の維持
治療期間:1日1回を継続
治療費:1日あたり約11,000円

-医療費と保険

執筆者:

関連記事

no image

がん保険の診断給付金について必ずチェックすべき3つのポイント

がんの治療費は高額となる傾向があり、誰もがその治療費を用意することができるというわけではありません。 しかし、治療できる可能性があるのならば、金銭の問題で可能性を断念することは避けたいものです。 そこ …

no image

がんとの闘病を助けてくれる高額療養費制度の使えるポイント3つ

高額療養費制度は、一ヶ月の医療費自己負担額が、人にもよりますが、約8万円を超えると、超えた分は健康保険で負担してもらえる制度です。

no image

がん保険の先進医療保障はここをチェック!

がん保険選びで分かりにくいのが、「先進医療」の保障についてです。 先進医療とは、厚生労働省(厚生労働大臣)から承認された高度で最先端の医療技術を用いた医療行為のことを意味します。 放射線の一種である陽 …

no image

「がん」に対する経済的な備え

「がん」について心配することってなんでしょうか? もちろん「自分は死ぬんじゃないか?」や「再発、転移は大丈夫?」といったことは想像されますが、意外と多いのが「経済的な不安」なんです。

医療費控除、保険金の取り扱いなど

大きな病気や休職、退職、転職をした年には必ず確定申告をするべきというのが僕の主張なんですが、初めての確定申告は手続きに何かと迷うもの。医療費控除も記入方法がわからなくなる項目の一つです。