HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

医療費と保険

がん保険の先進医療保障はここをチェック!

投稿日:

がん保険選びで分かりにくいのが、「先進医療」の保障についてです。
先進医療とは、厚生労働省(厚生労働大臣)から承認された高度で最先端の医療技術を用いた医療行為のことを意味します。
放射線の一種である陽子線を病巣に照射する「陽子線治療」や、放射線の一種である重粒子線(炭素イオン)を病巣に照射する「重粒子線治療」などが代表的なものです。

先進医療費は健康保険対象外、ただし併用は認められる

例えば、「陽子線治療」や「重粒子線治療」では、どちらも身体的な負担は軽いのですが、健康保険の適用対象外になります。
そのため、費用の全額を自己負担しなければなりませんが、このときの技術料は数万円から300万円前後までと時に高額なものになります。

高額な先進医療を勧められたとき、自分の命にかかわることを、お金がないことで受けない選択をするとなると、後悔するかもしれません。
そこで、高額な自己負担をカバーできるように、医療保険やがん保険では、先進医療保障特約が付加されているものが増えているのです。

ただし、健康保険適用大正の治療との併用は認められているので、診察や検査、投薬などについては健康保険が適用されます。
例えば、総医療費100万円のうち、先進医療に係る費用が20万円だった場合を考えてみます。
先進医療費用の20万円は全額負担となりますが、一般治療と共通する部分である80万円については、3割(24万円)が自己負担となり、残りの7割(56万円)は各健康保険制度から給付されることになります。

通常の医療保険とがん保険では内容が異なる

医療保険とがん保険の先進医療特約では、保障内容が異なります。
がん保険の場合には、がんを直接の原因として先進医療を受けた場合に限定されるのですが、医療保険ではそのようなことはなく、先進医療全般を保障対象としています。

がん保険の先進医療特約では、給付金は1回につき「先進医療にかかる技術料と同額」で、全保険期間を通じて1,000万円や2,000万円を限度とする保障内容が一般的です。

また、保険商品によってはがん先進医療一時金を受け取ることができるものもあります。
先進医療保障特約の保険料は月100円程度ですが、大きな保障を受けられるので、がん保険の加入や見直しではぜひ検討してみてください。

-医療費と保険

執筆者:

関連記事

医療費控除、保険金の取り扱いなど

大きな病気や休職、退職、転職をした年には必ず確定申告をするべきというのが僕の主張なんですが、初めての確定申告は手続きに何かと迷うもの。医療費控除も記入方法がわからなくなる項目の一つです。

no image

がん保険は治療の多様化への対応力で選ぶ

公益財団法人がん研究振興財団の統計(2010年版)によれば、一生涯のうちにがんになるリスクを算出すると、男性では53.6%、女性は40.5%となり、いずれもおよそ2人に1人は経験することがわかります。 …

no image

「雇用保険(失業保険)」の上手な使い方

誰もが活用できる公的補助制度、続いては雇用保険、失業保険の上手な使い方について説明します。

no image

精巣腫瘍(がん)手術後の定期検診、費用と内容は?

初期の精巣腫瘍は、手術によって患部をとってしまうと、基本的に経過観察だけとなります。 「なんだそれだけか」となるところですが、実はそう楽な話ではないのです。

no image

「がん」に対する経済的な備え

「がん」について心配することってなんでしょうか? もちろん「自分は死ぬんじゃないか?」や「再発、転移は大丈夫?」といったことは想像されますが、意外と多いのが「経済的な不安」なんです。