HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

医療費と保険

がん保険の診断給付金について必ずチェックすべき3つのポイント

投稿日:

がんの治療費は高額となる傾向があり、誰もがその治療費を用意することができるというわけではありません。
しかし、治療できる可能性があるのならば、金銭の問題で可能性を断念することは避けたいものです。
そこで、一時金の形で保険金を受け取ることにより、経済的な不安を抱えずに治療に専念することがでできる「がん診断給付金」があります。

確認すべきがん診断給付金の内容

がん診断給付金の内容で、どの商品にも共通しているのは「がんと医師に診断確定されたとき」です。
診断給付金の内容を商品ごとにチェックしてもらいたいのは、次の3つのポイントです。

1.診断確定の条件
がんの診断確定だけで給付金が出る商品と、治療のための入院が必要な商品があります。

2.給付回数
給付金の支給回数は、最初のがん診断の時だけの商品と、条件を満たせば何回でも支給される商品など、保険商品によって異なります。
複数回受け取ることができる保険は保険料が割高で、前回給付から数年経過していることなどの制限が設けられています。

3.給付対象
保険商品により軽微ながん(上皮内新生物)については、診断給付金が通常のがん(悪性新生物)より低く設定されているものもあります。
上皮内新生物とは、粘膜の最下部にある基底膜に達していない初期段階の軽微な腫瘍で、転移や大きな手術などの心配が少なく、手術やレーザー治療などで完治することができ、治療費も安く済むものです。

-医療費と保険

執筆者:

関連記事

医療費控除、保険金の取り扱いなど

大きな病気や休職、退職、転職をした年には必ず確定申告をするべきというのが僕の主張なんですが、初めての確定申告は手続きに何かと迷うもの。医療費控除も記入方法がわからなくなる項目の一つです。

no image

がんとの闘病を助けてくれる高額療養費制度の使えるポイント3つ

高額療養費制度は、一ヶ月の医療費自己負担額が、人にもよりますが、約8万円を超えると、超えた分は健康保険で負担してもらえる制度です。

no image

自己負担を軽くしてくれる高額療養費制度

がんや大きな病気にかかることなんて、自分のこととして想像することは難しいかもしれません。 人生の中で、そう何度も経験することもないため、「病気とお金」については、医療関係者の方を除くと、意外と知らない …

no image

入っていたガン保険、医療保険の内容

今回の抗がん剤治療では長期入院、薬もたくさん使ったので、医療費は大変なことになっていました。 ここで本当に助かったのは、ガンになる前からずっと掛けていた医療保険とガン保険でした。 掛けていた保険 私が …

no image

「がん」に対する経済的な備え

「がん」について心配することってなんでしょうか? もちろん「自分は死ぬんじゃないか?」や「再発、転移は大丈夫?」といったことは想像されますが、意外と多いのが「経済的な不安」なんです。