HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

医療費と保険

がん保険の診断給付金について必ずチェックすべき3つのポイント

投稿日:

がんの治療費は高額となる傾向があり、誰もがその治療費を用意することができるというわけではありません。
しかし、治療できる可能性があるのならば、金銭の問題で可能性を断念することは避けたいものです。
そこで、一時金の形で保険金を受け取ることにより、経済的な不安を抱えずに治療に専念することがでできる「がん診断給付金」があります。

確認すべきがん診断給付金の内容

がん診断給付金の内容で、どの商品にも共通しているのは「がんと医師に診断確定されたとき」です。
診断給付金の内容を商品ごとにチェックしてもらいたいのは、次の3つのポイントです。

1.診断確定の条件
がんの診断確定だけで給付金が出る商品と、治療のための入院が必要な商品があります。

2.給付回数
給付金の支給回数は、最初のがん診断の時だけの商品と、条件を満たせば何回でも支給される商品など、保険商品によって異なります。
複数回受け取ることができる保険は保険料が割高で、前回給付から数年経過していることなどの制限が設けられています。

3.給付対象
保険商品により軽微ながん(上皮内新生物)については、診断給付金が通常のがん(悪性新生物)より低く設定されているものもあります。
上皮内新生物とは、粘膜の最下部にある基底膜に達していない初期段階の軽微な腫瘍で、転移や大きな手術などの心配が少なく、手術やレーザー治療などで完治することができ、治療費も安く済むものです。

-医療費と保険

執筆者:

関連記事

抗がん剤治療、気になる治療費は?

がんの治療は手術、放射線、抗がん剤の3つの療法を組み合わせる集学的治療が基本ですが、がんとの闘病と聞くとイメージされるのは抗がん剤治療ではないでしょうか。

no image

がん保険は治療の多様化への対応力で選ぶ

公益財団法人がん研究振興財団の統計(2010年版)によれば、一生涯のうちにがんになるリスクを算出すると、男性では53.6%、女性は40.5%となり、いずれもおよそ2人に1人は経験することがわかります。 …

医療費控除、保険金の取り扱いなど

大きな病気や休職、退職、転職をした年には必ず確定申告をするべきというのが僕の主張なんですが、初めての確定申告は手続きに何かと迷うもの。医療費控除も記入方法がわからなくなる項目の一つです。

no image

がん保険の先進医療保障はここをチェック!

がん保険選びで分かりにくいのが、「先進医療」の保障についてです。 先進医療とは、厚生労働省(厚生労働大臣)から承認された高度で最先端の医療技術を用いた医療行為のことを意味します。 放射線の一種である陽 …

no image

精巣腫瘍(がん)手術後の定期検診、費用と内容は?

初期の精巣腫瘍は、手術によって患部をとってしまうと、基本的に経過観察だけとなります。 「なんだそれだけか」となるところですが、実はそう楽な話ではないのです。