HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

医療費と保険

精巣腫瘍(がん)手術後の定期検診、費用と内容は?

投稿日:

初期の精巣腫瘍は、手術によって患部をとってしまうと、基本的に経過観察だけとなります。
「なんだそれだけか」となるところですが、実はそう楽な話ではないのです。

定期検診の期間

経過観察に入ると、最初は3ヶ月後に検査、そこで問題がなければ、次からは6ヶ月毎に検査を受けて様子をみることになりました。
年間2回から3回、これをとりあえず5年間頑張って下さいということだそうです。

定期検診の内容

基本的には血液検査とCT検査になります。
血液検査で腫瘍マーカーに異常がないかを確認し、CTでは体の断面を撮影し、転移の有無を確認します。

CT検査では造影剤という薬を点滴で入れます。
造影剤はCTの画像をより鮮明にするために使うので必要なのですが、一部副作用のリスクもあるそうです。
実際に僕も同意書を書いて造影剤を入れましたし、造影剤が体内に入っているときは、体がカーっと暑くなる感じがしました。

年間の検査費用

CTが1回あたり10,000円くらいとけっこう高額です。
血液検査は3,000円くらいですので、再診料など入れると、1セットで15,000円程度になります。

年間の3回で45,000円、5年間で225,000円という計算になります。
なかなかバカにならない金額です。
医療費控除など使える公的補助は、漏らさず利用しましょう。

-医療費と保険

執筆者:

関連記事

no image

がん保険の「いつ入る?」「保険期間は?」選び方のポイント

がん保険について最初に悩むのが「いつ入るか?」「保険期間をどうするか?」についてです。 他の保険商品と同じように、保険期間は大きく「定期型」と「終身型」がありますが、がん保険の加入を検討する場合、この …

no image

がん保険の先進医療保障はここをチェック!

がん保険選びで分かりにくいのが、「先進医療」の保障についてです。 先進医療とは、厚生労働省(厚生労働大臣)から承認された高度で最先端の医療技術を用いた医療行為のことを意味します。 放射線の一種である陽 …

no image

がん保険は治療の多様化への対応力で選ぶ

公益財団法人がん研究振興財団の統計(2010年版)によれば、一生涯のうちにがんになるリスクを算出すると、男性では53.6%、女性は40.5%となり、いずれもおよそ2人に1人は経験することがわかります。 …

抗がん剤治療、気になる治療費は?

がんの治療は手術、放射線、抗がん剤の3つの療法を組み合わせる集学的治療が基本ですが、がんとの闘病と聞くとイメージされるのは抗がん剤治療ではないでしょうか。

医療費控除、保険金の取り扱いなど

大きな病気や休職、退職、転職をした年には必ず確定申告をするべきというのが僕の主張なんですが、初めての確定申告は手続きに何かと迷うもの。医療費控除も記入方法がわからなくなる項目の一つです。