HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

医療費と保険

自己負担を軽くしてくれる高額療養費制度

投稿日:

がんや大きな病気にかかることなんて、自分のこととして想像することは難しいかもしれません。
人生の中で、そう何度も経験することもないため、「病気とお金」については、医療関係者の方を除くと、意外と知らないことが多いのではないでしょうか?
病気に対する経済的な備えとして、まずは押さえておきたいのが「高額療養費制度」です。

高額療養費制度とは
日本では 医療費の自己負担割合は通常3割ですが、重い病気などで長期間入院や治療にかかったりすると、自己負担が高額になってきます。
このような場合の負担を軽減するために、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分について、健康保険から払い戻ししてくれる制度が高額療養費制度です。

自己負担限度額
高額療養費制度は70歳未満と70歳以上で限度額が異なりますが、現在の70歳未満の場合、

①生活保護の被保険者や住民税非課税の人…35,400円
②一般の人…80,100円+(医療費-267,000円)×1%
③所得の多い人…150,000円+(医療費-500,000円)×1%

例えば、同じ人が同じ月内に同じ医療機関で医療費が100万円(自己負担は3割の30万円)かかった場合、
①住民税非課税等の人は自己負担限度額が35,400円となり、それを超えた264,600円が戻ってきます。
②一般の人は自己負担限度額が 80,100円+(100万円-267,000円)×1%=87,430円となり、212,570円が戻ってきます。
③所得の多い人は自己負担限度額が150,000円+(100万円-500,000円)×1%=155,000円となり、145,000円が戻ってきます。

要するにほとんどの人は8万円以上かかったら、それを超えた分が帰ってくるという、ありがたい仕組みです。

会社員の場合はさらに補助も
会社員の方は加入している保険の種類によっては、そこからさらに優遇措置が入ることもあります。
ちなみに私の会社では、4万円を超えた部分からが戻ってくることになっていました。
一度ご自身が加入している健康保険の確認をお勧めします。
これに個人で入っている医療保険があれば、そこからも保障が出ます。
というわけで、普通に健康保険に加入していれば、医療費はなんとかなりそうです。

-医療費と保険

執筆者:

関連記事

no image

入っていたガン保険、医療保険の内容

今回の抗がん剤治療では長期入院、薬もたくさん使ったので、医療費は大変なことになっていました。 ここで本当に助かったのは、ガンになる前からずっと掛けていた医療保険とガン保険でした。 掛けていた保険 私が …

no image

精巣腫瘍(がん)手術後の定期検診、費用と内容は?

初期の精巣腫瘍は、手術によって患部をとってしまうと、基本的に経過観察だけとなります。 「なんだそれだけか」となるところですが、実はそう楽な話ではないのです。

抗がん剤治療、気になる治療費は?

がんの治療は手術、放射線、抗がん剤の3つの療法を組み合わせる集学的治療が基本ですが、がんとの闘病と聞くとイメージされるのは抗がん剤治療ではないでしょうか。

no image

がん保険の診断給付金について必ずチェックすべき3つのポイント

がんの治療費は高額となる傾向があり、誰もがその治療費を用意することができるというわけではありません。 しかし、治療できる可能性があるのならば、金銭の問題で可能性を断念することは避けたいものです。 そこ …

no image

「雇用保険(失業保険)」の上手な使い方

誰もが活用できる公的補助制度、続いては雇用保険、失業保険の上手な使い方について説明します。