HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

お金と生活

癌(がん)になっても早まって会社を辞めないこと

投稿日:

がんの告知を受けた当初は、何も分からない不安から誰もが弱気になります。
また会社に対して「迷惑をかけるのでは」「上手くやっていけないのでは」と心配が先に立つので、退職や転職を考えがちです。

早まって動かず、面接は慎重に

気持ちはわかりますが、だからといって、あまり早まって会社を辞めないようにして下さい。
がん体験者はいったん会社を辞めると、再就職が難しいのです。
黙って入社するのも悪いと思い、面接でがん治療中であることを伝えると、内定を取り消されたり不採用になるケースも多いそうです。

相手の気持ちもわからないでないのですが、面接時の最初から「がん」を伝えたらドン引きされる可能性が高いです。
相手の方も、まさか「がん」経験者が面接に来るとは思ってもいないでしょう。

基本的に、業務に支障を及ぼさなければ、具体的な病名まで会社に伝える必要はありません。
伝えることで働きやすくなる場合は別ですが。

時間をかけてゆっくり考える

まず治療に専念するわけですが、今後のことをじっくり考える時間の余裕はそれなりにあります。
最初のうちは「生きるか?死ぬか?」で頭がいっぱいで、他のことは何も考えられないのですが、数カ月も何事もなく経つと、『意外とやっていける』といった風に考えが変わっていくことも多いです。

決して早まって会社を辞めるのでなく、いったん立ち止まってじっくりと色々なことを考えてください。
今確保されている「会社員」としての身分は、自分で思っている以上に大事なものです。
弱っている間は、これまで貢献してきた会社に守ってもらうくらいの気持ちでいればいいと思います。
そのうち必ず道は開けてくるものです。

-お金と生活

執筆者:

関連記事

no image

入院した年は面倒でも必ず確定申告はやりましょう

このブログでは何度か病気とお金に関するネタを取り上げてきました。高額療養費制度や傷病手当金、民間の医療保険など病気になった際に直接使えるものもあれば、少々ややこしくどのくらいメリットがあるのかわからな …

がん患者の3割が仕事をなくす現実

働くパパやママにとって、がんになって1番悩むことが、お金のことであり、仕事のことではないでしょうか?

no image

「がん」発病後の仕事は続けるのが難しい

「がん」という病気ですが、昔の「死に直結する病気」という認識から、最近の医療の進歩で「長く付き合う病気」という見方に変わりつつあると思います。

がん経験者が子どもを持つための経済的な備え

精巣腫瘍を患い片方の精巣を摘出した私はんですが、男性の機能が半分に なっても、子どもを授かることがきました。

no image

住宅ローン団信の告知義務違反がバレたら?

がん経験者が住宅ローンを組むには、団信加入のための告知義務がネックになります。 「じゃあ病気の告知しなければ」と告知義務違反を考える人もいるかもしれません。