HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

お金と生活

「がん」発病後の仕事は続けるのが難しい

投稿日:

「がん」という病気ですが、昔の「死に直結する病気」という認識から、最近の医療の進歩で「長く付き合う病気」という見方に変わりつつあると思います。

「がん」は発病しても長く生きられる

ある説では、国内のがん患者さんの5年相対生存率は、すべてのがんで54%まで上がっていると言われています。
また、がん診断を受けて生存している人は、2015年には530万人に達する見込みと推計されています。

8割以上の5年生存率が見込めるがんは、甲状腺、精巣、皮膚、乳がんで、7割では喉頭、膀胱、子宮がんだそうです。
がんを発病しても長く生きられる時代になったといえるでしょう。

35%が「がん」発病後に会社を辞める

僕のように30代の働き盛りは、仕事をしながら「がん」と上手に付き合っていかないといけません。
ところが、これがなかなか難しいのです。

「がんの社会学」に関する合同研究班「がんと向き合った7885人の声」調査結果によると、勤め人のがん罹患後の就労状況としては、

「引き続き現在も勤務している」が47.6%
「依願退職した」が30.5%
「解雇された」が4.2%

とのこと。
実に35%の経験者が、それまで勤めていた職場を去ることになっています。
果たしてそれがいいことなのかは分かりませんが、多くの人が「会社に居づらい」と考えたり、思うところがあって退職するのが現実のようです。

-お金と生活

執筆者:

関連記事

がん経験者が働く時にぶつかる問題

私、hanも含め、がんになっても働き続ける人にとっては、会社勤めは何かと苦労が多いものです。

no image

住宅ローン団信の告知義務違反がバレたら?

がん経験者が住宅ローンを組むには、団信加入のための告知義務がネックになります。 「じゃあ病気の告知しなければ」と告知義務違反を考える人もいるかもしれません。

no image

告知義務違反がバレるのはどんな時?

団信加入時の告知でウソついて加入しようとした場合、実際にはバレてしまうのでしょうか?

no image

入院した年は面倒でも必ず確定申告はやりましょう

このブログでは何度か病気とお金に関するネタを取り上げてきました。高額療養費制度や傷病手当金、民間の医療保険など病気になった際に直接使えるものもあれば、少々ややこしくどのくらいメリットがあるのかわからな …

no image

傷病手当金のまとめ

長期入院することになって初めてちゃんと調べた傷病手当金制度。 調べたことをおさらいします。