HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

お金と生活

がん経験者が働く時にぶつかる問題

投稿日:2014年7月3日 更新日:

私、hanも含め、がんになっても働き続ける人にとっては、会社勤めは何かと苦労が多いものです。

「がん」や病気のことを話すかどうかの問題

治療や経過観察の検査で会社を休まないといけない

難しい仕事や昇進のチャンスを逃してしまう

「がん」や病気のが原因で仕事を失うかもしれない

再発の恐怖や社会の理解状況から仕事人生の長期的な計画が立てられない

キャリアアップのための前向きな転職ができない

自分自身に照らし合わせてみると、会社をちゃくちょく休んだり、キャリアアップの道が大きく制限されたことが、何よりも辛かったことです。

要するに、

再発のリスクと経済的な不安に怯え、周囲に後ろめたさを感じながら、生活のためだけに働かなきゃいけない

ということです。

仕事を通じた自己実現なんて入り込む余地もないですね。

「がん」や持病を抱える人が、自分のやりたいことを仕事にして、自由に生きていくことは贅沢なことなのでしょうか。

自分にも何かできるはずだと考えながら1年半が過ぎました。
まだ答えはみつかりません。
けれど、こうやって自分の経験や思いを発信することはできます。

その時が来るまで。

-お金と生活

執筆者:

関連記事

no image

告知義務違反がバレるのはどんな時?

団信加入時の告知でウソついて加入しようとした場合、実際にはバレてしまうのでしょうか?

no image

住宅ローン団信の告知義務違反がバレたら?

がん経験者が住宅ローンを組むには、団信加入のための告知義務がネックになります。 「じゃあ病気の告知しなければ」と告知義務違反を考える人もいるかもしれません。

がん患者の3割が仕事をなくす現実

働くパパやママにとって、がんになって1番悩むことが、お金のことであり、仕事のことではないでしょうか?

no image

「がん」発病後の仕事は続けるのが難しい

「がん」という病気ですが、昔の「死に直結する病気」という認識から、最近の医療の進歩で「長く付き合う病気」という見方に変わりつつあると思います。

no image

癌(がん)になっても早まって会社を辞めないこと

がんの告知を受けた当初は、何も分からない不安から誰もが弱気になります。 また会社に対して「迷惑をかけるのでは」「上手くやっていけないのでは」と心配が先に立つので、退職や転職を考えがちです。