HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

お金と生活

退職しても傷病手当金はもらえるのか?

投稿日:

長期で会社を休む時に頼りになる傷病手当金ですが、病気が理由の休職となると、そのまま退職してしまうことも少なくありません。

僕の場合も自分から辞めようとは思いませんでしたが、クビになるかも?とは不安になり、退職したらどうやって生計を立てようかと色々調べました。

傷病手当金について言えば、気になったことは2つ。
①そもそも退職後も傷病手当金はもらえるのか?
②健康保険の任意継続制度との関係は?

そもそも退職後ももらえるのか?
調べたところ、傷病手当金は、在職中に発生した怪我や病気が原因で収入が途絶えたケースに対して、最長で1年6カ月受給することができるので、会社に在籍中に受給資格を取得した傷病手当金は退職後ももらえます。

ただし、退職後にかかった病気や怪我が理由での傷病手当金はもらえません。これは健康保険の任意継続をしていても同様です。

退職後も傷病手当金をもらう際の注意点
退職後も継続して傷病手当金をもらうには、会社に在職中から傷病手当金を受給もしくは受給資格の取得した流れを途絶えさせないことです。

在職中に会社を休んで受給資格を取得していても、挨拶等で退職日に出勤してしまうと、そのタイミングで受給要件から外れてしまうのです。ですので退職日時点で受給資格を保持できるよう、会社を休むことが必要です。

任意継続は必要か?
退職後も傷病手当金を引き続きもらうには、職場の健康保険を任意継続しないといけないよう気がすると思われがちですが、実はその必要はありません。

傷病手当金と任意継続は別で、例えば退職後は国保に加入したとしても、在職中の傷病手当金は引き続き受給できます。

もっと言えば、退職後に任意継続保険や国民健康保険に加入する必要はなく、例えば、家族の扶養者になったとしても、傷病手当金の継続給付は可能です。

-お金と生活

執筆者:

関連記事

住宅ローン審査は否認結果が情報機関に記録されるので注意

がん経験者の住宅ローン契約は団信がネックになります。 審査を通過できるかどうか分からない時。 とりあえず申し込んでみようは危険です。

がん経験者が働く時にぶつかる問題

私、hanも含め、がんになっても働き続ける人にとっては、会社勤めは何かと苦労が多いものです。

がん経験者が子どもを持つための経済的な備え

精巣腫瘍を患い片方の精巣を摘出した私はんですが、男性の機能が半分に なっても、子どもを授かることがきました。

no image

癌(がん)になっても早まって会社を辞めないこと

がんの告知を受けた当初は、何も分からない不安から誰もが弱気になります。 また会社に対して「迷惑をかけるのでは」「上手くやっていけないのでは」と心配が先に立つので、退職や転職を考えがちです。

no image

「がん」発病後の仕事は続けるのが難しい

「がん」という病気ですが、昔の「死に直結する病気」という認識から、最近の医療の進歩で「長く付き合う病気」という見方に変わりつつあると思います。