HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

がん情報

免疫力を高めて「がん」と戦う

投稿日:2014年1月21日 更新日:

がんにかかると、「再発・転移しないか?」ということがすごく心配になります。
健康法や生活習慣を見直して、「がん」になりにくくなる身体を手に入れることはとても重要です。
そんな中で、注目されているのが「免疫力」です。

腸を整えることで免疫力をアップする

「がん」は免疫病と言われています。
免疫力を上げることで、がんに負けない身体を作ることがのです。
免疫力について腸内細菌の重要性を説いておられる東京医科歯科大学の藤田先生の、ちょっと興味深い記事がありました。
免疫力に影響がある腸の状態を整えるには?

「がん」と向き合うには、腸を万全な状態にしてからというわけです。
腸を整えて免疫力をアップすると、がんだけでなく、風邪やアレルギーにも耐性ができるなども期待できるので、ぜひ試してみたいですね。

笑うことで免疫力をアップする

免疫力を上げるには食事はもちろんですが、体温や精神状態も大きく影響しているということは、よく言われますよね。
笑いもその1つです。
笑うことによって、「がん」と闘うNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化するというのです。
神奈川県予防医学協会HPによると、笑うことで免疫力がアップするメカニズムとしては、

声を上げてよく笑っているときは、脳の前頭葉が活発に働いています。
この時、実は一種の興奮状態になっていて、脳幹が刺激されて、ペプチドをたくさん分泌させ、それがNK細胞に降り注ぐようになります。
ペプチドで活性化したNK細胞は、血液中から肝臓や腎臓、胃など、がんが発生しやすい内臓に向かって行動を開始し、これががん抑制につながるのです。

という仮説らしいのです。
というわけで、日々笑って過ごそう、なるべくなら心の底から笑って過ごそうと思うわけですね。

-がん情報

執筆者:

関連記事

がんは社会的な病気。がんによって失うもの

国立がん研究センターは29日、2012年の1年間に新たにがんと診断された患者は推計約86万5千人で、前年より1万4千人増加したと発表した。03年に算出を始めて以来、過去最多となった。同センターは高齢化 …

no image

「がん」は「アジア型」から「欧米型」へ、かかりやすいが死亡しにくい病気に

2012年に「がん」で亡くなった人は36万人を超えています。 また3人に1人が「がん」で亡くなられているとも言われています。 もはや「がん」は、珍しい病気とは言えなくなったのです。  

健康診断で「がん」はみつかるのか?

国立がんセンターの統計によれば、「がん」診断後の5年生存率は、男性で約45%、女性で約55%とされています。

no image

医師も注目する「がん」を疑う3つの異変

最近では、「がん」は早期発見、早期治療によって、完全に治せるケースが増えてきています。 腫瘍が出来物として触れることが出来るような場合には、病院で検査をする前に、自己触診によって「がん」を発見すること …

ガンの5年生存率は改善でも押さえておきたい視点

国立ガン研究センターから最新の5年生存率が発表されました。(国立ガン研究センターのリリース) これを見ると、全てのガンにおける最新の5年生存率は62%。前回より3.5ポイント改善したとのこと。 医療の …