HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

がん情報

「がん」は「アジア型」から「欧米型」へ、かかりやすいが死亡しにくい病気に

投稿日:

2012年に「がん」で亡くなった人は36万人を超えています。
また3人に1人が「がん」で亡くなられているとも言われています。
もはや「がん」は、珍しい病気とは言えなくなったのです。
 

がんは「アジア型」から「欧米型へ」<

>
これまでの日本人のがんと言えば「胃ガがん」「子宮頸がん」「肝臓がん」などの、ウイルスや細菌の感染と関係する「アジア型のがん」が多く認められてきました。

しかし、最近になって食生活や生活習慣を原因とする「大腸がん」「前立腺がん」「乳がん」といった「欧米型のがん」が増えてきていると言われています。

経済成長や生活の欧米化により、衛生状態が改善した一方で、生活習慣の変化による運動不足や、食生活の変化による摂取カロリー・その他栄養バランスへの影響がその原因と考えられています。
 

がん罹患率の上昇と死亡率の低下

国立がん研究センターによると、この20年間ほどの間に、「がん」の罹患率は上昇するとともに「がん」が原因で亡くなる死亡率は減少傾向にあるとのことです。

image

image

これは医療技術の進歩により、
・「がん」の早期発見の精度が良くなったことで罹患率は上がった
・死亡率の低い初期段階の患者の比率が増えたことと、治療についても研究が進んだことで死亡率が下がった
というように読み取ることができます。
 
けれど「サイレントキャンサー」と呼ばれるような進行状態でみつかる「すい臓がん」などは、すべてのステージで1年後の生存率は3割程であり、「がん」にかかる部位によっては、まだまだ怖い病気であると言えます。

-がん情報

執筆者:

関連記事

社会人同期がガンになった、30代のガン

小林麻央さんに続き、30代のガンの話ですが、社会人になって最初の会社の同期にガンがみつかったそうです。 たまたまfacebookを眺めてたらタイムラインに飛び込んで来ました。 「一部の方にしかお知らせ …

がんは社会的な病気。がんによって失うもの

国立がん研究センターは29日、2012年の1年間に新たにがんと診断された患者は推計約86万5千人で、前年より1万4千人増加したと発表した。03年に算出を始めて以来、過去最多となった。同センターは高齢化 …

健康診断で「がん」はみつかるのか?

国立がんセンターの統計によれば、「がん」診断後の5年生存率は、男性で約45%、女性で約55%とされています。

実は子宮頸がんよりも多い「舌がん」の見極めのポイント

甘利経済再生担当大臣が「舌がん」になったニュースは記憶に新しいところです。 実は「口の中のがん=口腔がん(口腔癌)」の患者は増加傾向にあります。

ガンの5年生存率は改善でも押さえておきたい視点

国立ガン研究センターから最新の5年生存率が発表されました。(国立ガン研究センターのリリース) これを見ると、全てのガンにおける最新の5年生存率は62%。前回より3.5ポイント改善したとのこと。 医療の …