HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

がん情報

ガンの5年生存率は改善でも押さえておきたい視点

投稿日:2016年7月28日 更新日:

国立ガン研究センターから最新の5年生存率が発表されました。(国立ガン研究センターのリリース)

これを見ると、全てのガンにおける最新の5年生存率は62%。前回より3.5ポイント改善したとのこと。

医療の進化は目覚ましい!ガンになったからといって、人生諦めなくてもいい時代になったと、明るい知らせです。

ただし、明るい知らせではありますが忘れてはいけない視点があります。

早期発見の増加

ガン検診の技術進展や健康意識の高まりによる検診受診率の向上により、早期発見されるケースが増えています。

早期発見されるガンは、比較的予後もよく、生存率も高いとされています。

生存率の高いケース数の割合が増加すれば、全体の生存率が上がるというのは簡単な算数の話ですが、見落とせません。

部位別の死亡率

そういったわけで、部位別の死亡率を見るとどうか、といった話です。

同じリリース内の引用ですが、

● 部位別5年相対生存率

  男性では5年相対生存率が比較的高い群(70-100%)には、前立腺、皮膚、甲状腺、膀胱、喉頭、結腸、腎・尿路(膀胱除く)、低い群(0-39%)には、白血病、多発性骨髄腫、食道、肝および肝内胆管、脳・中枢神経系、肺、胆のう・胆管、膵臓が含まれました。女性では高い群(70-100%)は、甲状腺、皮膚、乳房、子宮体部、喉頭、子宮頸部、直腸、低い群(0-39%)は、脳・中枢神経系、多発性骨髄腫、肝および肝内胆管、胆のう・胆管、膵臓でした。

まだまだ膵臓や肝臓のガンは治らないのです。これは忘れずに押さえておくべき。

どうでしょうか?

もちろん早期発見によって助かる人もいることは事実なので、これが悪い知らせであるわけはありませんが。

-がん情報

執筆者:

関連記事

がんは社会的な病気。がんによって失うもの

国立がん研究センターは29日、2012年の1年間に新たにがんと診断された患者は推計約86万5千人で、前年より1万4千人増加したと発表した。03年に算出を始めて以来、過去最多となった。同センターは高齢化 …

免疫力を高めて「がん」と戦う

がんにかかると、「再発・転移しないか?」ということがすごく心配になります。 健康法や生活習慣を見直して、「がん」になりにくくなる身体を手に入れることはとても重要です。 そんな中で、注目されているのが「 …

実は子宮頸がんよりも多い「舌がん」の見極めのポイント

甘利経済再生担当大臣が「舌がん」になったニュースは記憶に新しいところです。 実は「口の中のがん=口腔がん(口腔癌)」の患者は増加傾向にあります。

no image

小林麻央さんに見る30代の乳ガン

巷ではキャスターで市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんの乳がん闘病のニュースがありました。 30代、小さな子どもを育てるママのガン。 ショックでした。 自分より少し若いですが、同世代、それも子どもが生まれ …

健康診断で「がん」はみつかるのか?

国立がんセンターの統計によれば、「がん」診断後の5年生存率は、男性で約45%、女性で約55%とされています。