HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

がん情報

ガン罹患者100万人の時代

投稿日:2016年7月20日 更新日:

年間の新規ガン罹患者が100万人を超える時代になりました。

国立がん研究センターによると、2016年に新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡する人は37万4千人になるとの予測。新規患者が100万人に達するのは初めてとのこと。(国立ガン研究センターのガン統計)

これ何気に衝撃的な数字ですね。

毎年100万人ずつ新たにガンになる人が増えると、5年で500万人、10年で1000万人。

ガンには5年生存率とか10年生存率とかって指標がありますが、発見するステージや部位によっては9割くらい、全体の平均では50%台だったので、過去10年のガン罹患者約1000万人のうち今も生存している人が50%の500万人。

これに10年以上前の罹患者で、今も生存している人も加えると、なんだかんだで2000万人くらいになるんじゃないかとか、、

正確な数字はこちらのガンの生存率データで確認するとして、石を投げればガン経験者に当たるような世の中なのです。

そうやって考えてみると、患者の立場からするとかなり気が楽になります。

それにしても、抗がん剤など目の飛び出るような高額な薬が続々登場している医療費の視点から見ると、この状況は頭の痛いことでもあります。

この点については、別の機会にガン治療と国の医療費問題として自分の考えを書きたいと思います。

-がん情報

執筆者:

関連記事

社会人同期がガンになった、30代のガン

小林麻央さんに続き、30代のガンの話ですが、社会人になって最初の会社の同期にガンがみつかったそうです。 たまたまfacebookを眺めてたらタイムラインに飛び込んで来ました。 「一部の方にしかお知らせ …

no image

「がん」は「アジア型」から「欧米型」へ、かかりやすいが死亡しにくい病気に

2012年に「がん」で亡くなった人は36万人を超えています。 また3人に1人が「がん」で亡くなられているとも言われています。 もはや「がん」は、珍しい病気とは言えなくなったのです。  

免疫力を高めて「がん」と戦う

がんにかかると、「再発・転移しないか?」ということがすごく心配になります。 健康法や生活習慣を見直して、「がん」になりにくくなる身体を手に入れることはとても重要です。 そんな中で、注目されているのが「 …

がんは社会的な病気。がんによって失うもの

国立がん研究センターは29日、2012年の1年間に新たにがんと診断された患者は推計約86万5千人で、前年より1万4千人増加したと発表した。03年に算出を始めて以来、過去最多となった。同センターは高齢化 …

ガンの5年生存率は改善でも押さえておきたい視点

国立ガン研究センターから最新の5年生存率が発表されました。(国立ガン研究センターのリリース) これを見ると、全てのガンにおける最新の5年生存率は62%。前回より3.5ポイント改善したとのこと。 医療の …