HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

がん情報

社会人同期がガンになった、30代のガン

投稿日:2016年6月24日 更新日:

小林麻央さんに続き、30代のガンの話ですが、社会人になって最初の会社の同期にガンがみつかったそうです。

たまたまfacebookを眺めてたらタイムラインに飛び込んで来ました。

「一部の方にしかお知らせしてませんでしたが、甲状腺にガンがみつかりました。今日これから手術です」

投稿者の名前を見ると懐かしい文字が。
何年も会ってませんでしたが、同期のYくん。

自分の治療が終わり退院して1年経ったなーと感慨深く思っていた矢先のニュースで、ショックでした。

同期だからもちろん30代。

なんでこんなに身の回りに30代のガンが多いんだろう。

彼は甲状腺ガンということで、甲状腺を切除する手術を受けるとのことでした。

うまくいかなければ声帯も全て取る可能性があったのですが、無事に手術が成功したと後日の投稿で明らかになりました。

こんな時に思うのが周りの方々が本当に励ましてくれること。自分の時もですが多くのメッセージが寄せられます。心が折れそうになる闘病生活の励みになります。

もちろんコメントで自分なりのメッセージを送りました。
彼も小さな子どもがいるパパです。一家の大黒柱です。

本人の病気に対する不安もさることながら、やっぱり家族のことや仕事のことが気になると思います。

自分のことより残される家族のことを考えると、どんな治療でも受けて病気を治してやる
そんな気持ちで手術室に向かったんだと思います。

ガンとのお付き合いは長いので、彼の長い闘いもこれから始まります。
同期から同志になったYくんに心からのエールを贈りたいと思います。

-がん情報

執筆者:

関連記事

no image

医師も注目する「がん」を疑う3つの異変

最近では、「がん」は早期発見、早期治療によって、完全に治せるケースが増えてきています。 腫瘍が出来物として触れることが出来るような場合には、病院で検査をする前に、自己触診によって「がん」を発見すること …

実は子宮頸がんよりも多い「舌がん」の見極めのポイント

甘利経済再生担当大臣が「舌がん」になったニュースは記憶に新しいところです。 実は「口の中のがん=口腔がん(口腔癌)」の患者は増加傾向にあります。

免疫力を高めて「がん」と戦う

がんにかかると、「再発・転移しないか?」ということがすごく心配になります。 健康法や生活習慣を見直して、「がん」になりにくくなる身体を手に入れることはとても重要です。 そんな中で、注目されているのが「 …

がんは社会的な病気。がんによって失うもの

国立がん研究センターは29日、2012年の1年間に新たにがんと診断された患者は推計約86万5千人で、前年より1万4千人増加したと発表した。03年に算出を始めて以来、過去最多となった。同センターは高齢化 …

ガン罹患者100万人の時代

年間の新規ガン罹患者が100万人を超える時代になりました。 国立がん研究センターによると、2016年に新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡する人は37万4千人になるとの予測。新規患 …