HANTAMA

がんになっても豊かに暮らす

がん情報

小林麻央さんに見る30代の乳ガン

投稿日:2016年6月16日 更新日:

巷ではキャスターで市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんの乳がん闘病のニュースがありました。

30代、小さな子どもを育てるママのガン。
ショックでした。

自分より少し若いですが、同世代、それも子どもが生まれて数ヶ月で闘病生活に入った自分の経験に照らしても、不安や辛さ、やるせなさはいかばかりかと、思いを馳せます。

これをキッカケに乳がん検診をやっている病院へは、ニュースを知った女性からの検診予約の問合せが殺到しているようです。

乳がんは治療法も確立され早期発見により助かる確率が高まるので、これ自体は大変いいことです。日本はもともと乳がん検診の受診率が40-50%と海外と比べてもかなり低いのです。

ただし乳がんという病気には、日本人には知っておかなければならない別のリスクもあります。

デンスブレスト

おそらく聞いたこともない言葉だと思います。
これは乳腺が濃い胸の特徴なのですが、このタイプの方はマンモグラフィーの乳がん検診を受けてもガンが見つけにくいのです。

その場合は超音波検査など複数の検査を組み合わせて、ガンを発見することが必要です。

実はデンスブレストはアジア人に多いタイプで、5人に4人が該当するとも言われています。
専門家の間では常識とのことですが、一般の我々にはそんなこと知らないよ、と言いたいところですが、お隣の韓国では一般人も含めて理解が進んでいるとのこと。
日本は検診受診率も海外と比較してかなり低いので、まずは検診を受けに行くということが大切なのですが、自分の体質に合った検査を受けることも同じくらい大事なんです。

こんな記事を参考にしました。
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/327441/061300084/?ST=health

-がん情報

執筆者:

関連記事

実は子宮頸がんよりも多い「舌がん」の見極めのポイント

甘利経済再生担当大臣が「舌がん」になったニュースは記憶に新しいところです。 実は「口の中のがん=口腔がん(口腔癌)」の患者は増加傾向にあります。

健康診断で「がん」はみつかるのか?

国立がんセンターの統計によれば、「がん」診断後の5年生存率は、男性で約45%、女性で約55%とされています。

社会人同期がガンになった、30代のガン

小林麻央さんに続き、30代のガンの話ですが、社会人になって最初の会社の同期にガンがみつかったそうです。 たまたまfacebookを眺めてたらタイムラインに飛び込んで来ました。 「一部の方にしかお知らせ …

no image

「がん」は「アジア型」から「欧米型」へ、かかりやすいが死亡しにくい病気に

2012年に「がん」で亡くなった人は36万人を超えています。 また3人に1人が「がん」で亡くなられているとも言われています。 もはや「がん」は、珍しい病気とは言えなくなったのです。  

免疫力を高めて「がん」と戦う

がんにかかると、「再発・転移しないか?」ということがすごく心配になります。 健康法や生活習慣を見直して、「がん」になりにくくなる身体を手に入れることはとても重要です。 そんな中で、注目されているのが「 …